コラム一覧

Column

iPadでもテレワークの作業は行える!効率化を図れるアプリ・アイテムをご紹介

「テレワークの業務はiPadでも行えるのだろうか?」という疑問を持つ方もいるはずです。

結論、iPadでもテレワークの業務は十分行えます。パソコンの代わりにiPadを導入すれば、初期コストを抑えられる、業務の効率化を図れるなど、複数のメリットが存在します。

しかし、iPadはパソコンとまったく同じように使用できるわけではありません。iPadをテレワークで利用する際には、いくつかの注意点があるため、事前に理解しておくことをおすすめします。

そこで今回は、テレワークの業務はiPadでも行えること、業務を効率化するアプリやアクセサリーを解説します。本記事を最後まで読んだ上で、iPadの導入を検討してみてください。

目次

  1. 1 テレワークの業務はiPadでも十分行える!
    1. 1.1 パソコンの代わりにはならない
  2. 2 テレワークの業務を効率化するiPadのアプリ5選
    1. 2.1 1.Zoom Cloud Meeting
    2. 2.2 2.Chatwork
    3. 2.3 3.slack
    4. 2.4 4.Focus To-Do
    5. 2.5 5.GoodNotes 5
  3. 3 テレワークの業務を効率化するiPadのアクセサリー3選
    1. 3.1 1.iPad用の卓上スタンド
    2. 3.2 2.Apple Pencil
    3. 3.3 3.Magic Mouse 2
  4. 4 iPadは購入ではなくレンタルという選択肢も!
  5. 5 まとめ

テレワークの業務はiPadでも十分行える!

image2.jpg新型コロナウイルス感染症の影響により、外出自粛の風潮が強まりました。それに伴い、多くの企業が会社への出勤を停止にし、自宅での労働「テレワーク」を推進しました。

テレワークとは、自宅でパソコンを使って業務をすることを一般的に指します。テレワークを円滑に進めるためには、パソコンと周辺機器、快適なネット環境が求められます。

しかし、「テレワーク用のパソコンや周辺機器を用意する予算がない」という企業様も少なくないはずです。そこで検討してほしいのが「iPadの導入」です。

テレワークの業務はiPadでも十分行えます。「Zoom」や「Google meet」などを使ってWeb会議に参加するのはもちろんのこと、基本業務もiPad1台で快適に手掛けることが可能です。

また、パソコンに比べて多数の周辺機器やネットの固定回線を用意する必要がないため、初期コストを大幅に抑えられます。さらに、iPadは携帯性に優れていることから、外出先でもスムーズに業務を実施できます。

iPadの導入はこれら複数のメリットが考えられるため、社員の方々にパソコンを支給するのではなく、iPadも1つの選択肢として検討してみてください。

パソコンの代わりにはならない

iPadを使えば快適なテレワークが実現します。しかし、パソコンとまったく同じ業務を行えるわけではありません。

確かに、iPadはWeb会議やドキュメント作成、スケジュール管理など、基本的な業務は快適に行えます。さらにApple Pencilを使えば、綺麗にイラストを描くことさえも可能です。

しかし、iPadでは行えない業務が一部存在している点には注意が必要です。iPad用に開発されているアプリは複数ありますが、パソコンとは操作性や機能性が少し異なります。

また、3Dモデルの作成やCG作成といった、高度な技術を要する作業には向いていません。これらのことから、iPadをメインにテレワークを実施するのは、パソコンに比べて限界があると言えます。

そのため、テレワークの業務にiPadを活用する場合は、普段の業務とiPadの適合性を確認した上で検討しましょう。

テレワークの業務を効率化するiPadのアプリ5選

image3.jpg

iPadを使ったテレワークの業務は、適切なアプリを用いれば効率化させることができます。効率化を図れる代表的なアプリは、主に以下の5つがあげられます。

  1. Zoom Cloud Meeting
  2. Chatwork
  3. slack
  4. Focus To-Do
  5. GoodNotes 5

それぞれ、1つずつ解説します。

1.Zoom Cloud Meeting

「Zoom Cloud Meeting」を使えば、テレワークでのWeb会議を可能にします。物理的に距離が離れていてもすぐに会議を始められるため、情報共有やプロジェクトの進行がスムーズです。

また、本アプリを用いてWeb会議を開けば、オフラインでの会議に比べて、会議の所要時間の削減、交通費・交通時間の削減などのメリットが見込めます。テレワークでの生産性をより向上させることができるでしょう。

なお、「Zoom Cloud Meeting」は無料版でも、最大100人までミーティングに参加できます。画面共有もできるため、コミュニケーションをスムーズに取ることが可能です。

2.Chatwork

「Chatwork」は、テレワークでコミュニケーションを取るのに重要となるチャットアプリです。LINEとは異なり、ビジネス用のチャットツールであるため、よりテレワーク向けの機能が搭載されています。

具体的には、多人数のグループチャットで情報共有を行える、タスク管理ツールが搭載されている、ファイル共有がスムーズであるなどがあげられます。

「Chatwork」はビジネス用のチャットツールとして主流なので、インストールしておいても損はないはずです。

3.slack

「slack」もChatwork同様、ビジネス用のチャットツールです。しかし、利用用途が少しだけ異なります。

本アプリでは複数のスレッドを用意できるため、話題の整理がしやすいという特徴を持ちます。話題ごとにスレッドを作成してやり取りすれば、「グループ内で複数の話題があがって混乱してしまう」といった事態を回避できるでしょう。

また、「Google Drive」や「Twitter」などの外部サービスと連携できる点も魅力的です。

4.Focus To-Do

「Focus To-Do」は、ポモドーロ・タイマーとタスク管理機能の両方が搭載された時間効率化アプリです。本アプリを使って集中力を高めることで、生産性の向上に期待が持てます。

そもそもポモドーロ・タイマーとは、25分の作業と5分の休憩を1ポモドーロとし、4ポモドーロごとに15分程度の休憩を挟むサイクルのことを指します。

ポモドーロ・タイマーを使って短期集中を繰り返す作業法を、「ポモドーロ・テクニック」と言います。本アプリはカスタマイズ機能が豊富なので、テレワークのスタイルに応じて、自由に設定を変更することが可能です。

5.GoodNotes 5

iPadで効率的にメモを取りたい方は、「GoodNotes 5」を活用しましょう。Apple Pencilを使って手書きメモを残したり、PDFやWordファイルを読み込んだりできます。

テレワークで活用する業務情報をきれいに管理できるため、業務の生産性アップに期待が持てます。また、ほかのユーザーと情報共有も可能であり、共有すると共同作業が可能になります。

一部機能は制限されますが無料でダウンロードできるため、「便利なメモアプリを使いたい」という方は、ぜひ一度利用してみてください。

テレワークの業務を効率化するiPadのアクセサリー3選

image4.jpg

iPadでのテレワークをさらに効率化させたい方は、以下アクセサリーの導入を検討してみてください。iPadの性能を最大限に引き出せるはずです。

1.iPad用の卓上スタンド

業務を効率化する1つ目のアクセサリーは、「iPad用の卓上スタンド」です。卓上スタンドを使えば、iPadを好きな角度に調節できるため、画面の視認性が高まります。

また、画面を傾けることで目線が少し上を向くため、長時間の作業をしても首や腰が痛くなりづらくなります。どんな体制でも作業可能になる点からも、業務の効率化に繋げられるでしょう。

2.Apple Pencil

メモを多用する方は、「Apple Pencil」の導入を検討しましょう。Apple Pencilを使えばスムーズにメモが取れるほか、絵や図を作成して効率的に情報を管理できます。

本格的なイラストを作成することもできるため、手書きの業務が多い方は導入をご検討ください。

3.Magic Mouse 2

3つ目のおすすめアクセサリーは、「Magic Mouse 2」です。iPadはマウスがなくてもスムーズに操作できますが、マウスに接続すれば、よりパソコンに近い操作が可能になります。

パソコンの操作に慣れている方は、「Magic Mouse 2」を使えば仕事の生産性アップに期待できるはずです。

なお、本製品はAppleの純正品で、スタイリッシュな見た目をしています。機能性だけでなく、そのデザインも魅力的です。

iPadは購入ではなくレンタルという選択肢も!

image5.jpg

iPadを用いてテレワークを実施すれば、使い方によっては業務の効率化を図れます。しかし、「iPadを購入するための予算がない」という企業様も少なくないはずです。

そこで検討していただきたいのが、「iPadのレンタル」です。iPadはApple公式やキャリアでの購入だけでなく、レンタルサービスを使って一時的に借り受けることができます。

テレワークで使用するiPadをレンタルすれば、導入時に必要となる初期コストを大幅に抑えられるはずです。

→テレワーク・Web会議向け!iPadスタンドがセットになったWiFiモデルはこちら!

また、レンタルサービスは基本的に解約金が発生しないため、「最新機種が出るたびに再契約する」といった利用方法も検討できます。

そのほか、必要に応じて周辺機器・ソフトウェアのレンタルも同時に行えるなど、複数の利点が考えられます。これからiPadを導入予定の方は、iPadのレンタルサービスをぜひご検討ください。

無料見積・お問い合わせ

まとめ

本記事では、テレワークはiPadでも可能であること、業務を効率化するアプリやアクセサリーを解説しました。

iPadはパソコンとまったく同じ業務ができるわけではありませんが、軽作業であればスムーズに行えます。パソコンよりも優れているポイントが複数あるため、作業内容によっては生産性の向上にも繋がります。

また、効率化を図れるアプリやアクセサリーが多数存在しているので、テレワークを実施する際はiPadの導入を検討してみてください。

なお、本サイトを運営する株式会社SSマーケットは、「レンタルマーケット」というレンタルサービスを提供しています。本サービスはパソコンや周辺機器だけでなく、iPadのレンタルにも対応しています。

→レンタルマーケットおすすめ!iPad Wi-Fiモデルのレンタルはこちら!

iPadのスタンドやカバー、Apple Pencilのレンタルにも対応しており、最短1日の短期レンタルから最長36ヶ月の長期レンタルまで可能です。

多彩なデバイスをご用意しておりますので、「これからiPadをレンタルしようと考えている」という方は、ぜひ本サービスの利用をご検討ください。

無料見積・お問い合わせ