モバイルWiFiルーターによる安定したデータ通信

営業社員がモバイルWiFi(ワイファイ)ルーター使うときに注意点はありますか?

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターは社内外どこにいてもスマートフォンやパソコンさえあれば高速な通信が可能となる優れたアイテムです。
もはや現代のビジネスマンにとってモバイルWiFiルーターは必須となっています。
その反面、モバイルWiFiルーターの注意点について理解しないまま使用していることで思わぬ問題に直面してしまう方がいらっしゃることも事実です。
ビジネスという重要な場でモバイルWiFiルーターを使用するのなら、注意点についてもきちんと目を向けておく必要があります。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターとは

WiFiでインターネットへ繋ぐスマートフォン

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターとは、簡単言ってしまえばどこでも無線通信によってインターネットで接続できる小型の機器です。
スマートフォンはもちろんパソコンやiPadといったタブレット端末など、基本的にはインターネット接続へ対応している機器ならどんな機器でもモバイルWiFiルーターを通じてインターネットへアクセスすることができます。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターの注意点①通信速度

モバイルWiFiルーターによる高速データ通信

モバイルWiFiルーターの注意点としてまずは通信速度が挙げられます。
近年のモバイルWiFiルーターはかなり高速化してはますが、やはり固定回線で有線接続した場合と比較すると劣ってしまうことは否定できません。
とはいえ、固定回線であっても優先でなく無線によるWiFi接続と比較するならば、通信速度はモバイルWiFiルーターとほとんど変わらないため心配ありません。
むしろ条件次第ではモバイルWiFiルーターでの通信の方が早いこともあり得ます。
なお、モバイルWiFiルーターの中には携帯電話の回線のように一定期間における通信量が契約で決めた量を越えてしまうと一時的に通信速度が制限されてしまうといったものもあります。
その点、利用開始前に確認しておいてください。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターの注意点②通信の安定性

モバイルWiFiルーターによる安定したデータ通信

モバイルWiFiルーターは有線で接続しているわけではないため、通信を遮るものが多い場所やデータ基地局から著しく遠い場所(ex.山間部や地下など)では通信の安定しないことがあります。
ただ、この点について街中や住宅街といった通常私たちが多くの時間を過ごす場所で問題になることはほとんどありません。
もしあるとすれば、通信を提供している会社のトラブルなどそういったものに起因してくるものがほとんどです。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターの注意点③連続稼働時間

WiFiの高速通信でクラウドを利用するイメージ

モバイルWiFiルーターは充電式の端末であり、充電が切れてしまうと通信することができなくなります。
そのため、何日も充電をしなかったり、充電をし忘れてしまった日などは充電切れによりインターネットへ接続できなくなるおそれがあります。
しかし、現在主流となっているモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターの多くは10時間以上の連続稼働に対応しているため、充電については過度に気にする必要はないともいえます。
モバイルWiFiルーターの性能によっては18時間以上の連続使用が可能なモデルも存在しています。
モバイルWiFiルーターを安心して使うためにもスマートフォンのように適度に充電してあげましょう。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターならレンタルマーケットへお任せ

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーター

レンタルマーケットでは、1カ月間で50GBもの通信が可能な大容量モバイルWiFiルーターを月額2980円から取り扱っております。
これだけあれば常に社外で動き続ける営業社員の方でも通信量について気にすることなくインターネットへ接続することができます。
モバイルWiFiルーターについては下記の連絡フォームまたはお電話(042-649-1197)にてレンタルマーケットまでご相談ください。
なお、ご相談とお見積りについては完全無料となっています。
お気軽にお問い合わせください。