JPEG

JPEGとは、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像を圧縮する世界的な規格のことを言います。
デジタル画像は、サイズが大きくなるほどデータ量が増えていきます。
データの大きな画像はパソコンやスマホ内の保存領域を占有してしまう他、ネットワークを通じて送信する際にも通信時間を長くする原因になります。
そこで元の画像データを圧縮して、扱いやすくするために考えられたのがこのJPEGという規格です。
画像データを保存する際、特定のアルゴリズムによって分析し、不要と思われる部分を排除することで全体のデータ量を減らしています。
圧縮の際には人間の目では気づかないような部分を排除しているため、元の画像データと変わりない画質を維持することができます。
ソフトウェアによっては圧縮レベルを調整することもでき、データ量を大きく減らすことも可能です。
しかし圧縮をかけすぎると画質の劣化が始まり、元の画像データが持つ美しさなどは失われていくため注意が必要です。

JPEGは無料で利用できる規格であるため、基本的にはレンタルサービスなどで提供されることはありません。
しかしJPEG保存ができるソフトウェアについては、有料と無料のものがあります。
どちらも同じようにJPEGの規格に則って画像データを圧縮してくれます。
保存の際に指定できる細かな調整に関しては、有料のソフトウェアの方が優れていることが多く、圧縮の作業を頻繁に行うのであれば有料のものを選んだほうがお得かもしれません。
問題となるのは有料ソフトの価格です。
特に専門性の高い画像編集ソフトは高価なものが多く、簡単に購入することはできません。
もし一時的に使いたいというのであれば、画像編集ソフトをレンタルするのも一つの方法です。
例を挙げると、大量の写真データを同じレベルで圧縮したい時などは、有料ソフトを使ったほうが作業がはかどります。
これはマクロやスクリプトといった、作業を自動化できる機能が備わっているためです。
このように高価なソフトにしかない機能を使いたいのであれば、レンタルを利用すると割安です。