電子ブック

電子ブック、または電子書籍とは、紙やインクを利用した印刷物として出版された書籍ではなく、従来の印刷物として出版された書籍を電磁的な媒体で置き換えた書籍のことを言います。
目次、奥付、ページ送りなど書籍としての体裁を整えたものが多いです。
電子ブックはタブレット、携帯電話、スマートホン、PCなどのデジタル機器によって再生することが出来ます。
電子ブックは従来の書籍をデジタル化することで、印刷、製本、流通のコスト削減を図る目的をもっています。
絶版になり販売する機会を失うといった心配がないというメリットもあります。
読者の視点では、コンテンツの購入が即時に行うことが出来るというメリットがあります。販売側、読者側の双方のメリットとしては在庫を抱えることがない、収納スペースに困らないといった省スペースに関するメリットがあります。
電子ブックには、紙媒体では不可能なハイパーリンクの使用や音声の再生などといった効果を持つことが出来ます。

電子ブックの普及に伴い、電子ブックをレンタルすることが出来るオンライン上のコンテンツも豊富になってきています。
以前から従来の印刷物として出版されているコミックを貸し出しすることが出来るサービスも広まってきていました。
電子ブックのレンタルサービスでは、紙の書籍とは違った面での様々なメリットがあります。
まず、読みたい書籍を貸し出してもらう際に収納場所の確保を考える心配がありません。
スマートホンやタブレットなどといった小型や持ち運べる端末での貸し出しであれば、よりコンパクトであるというメリットを感じることが出来ます。
また、デジタル機器にダウンロードされた電子ファイルということから、破損や劣化の心配をすることがありません。
また、電子ブックのレンタルは安価で気になる書籍を読むことが出来ます。
無料の立ち読みサービスなどが充実しているストアもあるので、気になる書籍は気軽に内容を確かめることも可能です。
安価でコンパクトに書籍を楽しめるという気軽さが電子化された書籍の大きなメリットだと思われます。