増税前の今がお得、iPad、WiFi(ワイファイ)、パソコンもレンタルするなら今!

2019年10月に消費税の増税を控えた今、パソコンやIpad、WiFiをはじめとする情報機器などの需要が高まっています。
これらの買い替えやレンタルを増税前に済ませておくことで、大変お得にパソコンなどを利用することができるのです。

消費税はどれくらい上がる?

消費税の増税率

現状の消費税は8%となっています。
ところが、2019年10月からはなんと10%に変化します。
実に従来と比べて2%も上昇することになります。
2%と聞くと大したことないと考えてしまうかもしれませんが、会社の経費としてはその2%が大きく影響してくるのです。

iPadをレンタルしたとき、消費税増税はどう影響する?

iPad Air 2 Wi-Fiモデル

例えば当社のiPad Air 2 Wi-Fiモデルを1ヵ月間レンタルしたと仮定します。
現在ならば5000円となります。
ところが、消費税率が10%に引き上げられた後はなんと5100円となります。
これはあくまでも1台当たりの1カ月間の差です。
仮にこれが10台あり、1年使用したと考えると合計で12000円もの金額になり非常に大きな金額であることがわかります。

標準ノートPCをレンタルしたとき、消費税増税はどう影響する?

標準スペックノートパソコン

標準スペック ノートパソコン をレンタルしたと仮定してみましょう。

現状のレンタル料金なら1ヵ月間で3000円です。
しかし、増税後は1ヵ月あたり3060円となります。
1台だけなら1ヵ月60円の違いです。
しかし、10台あれば600円。
それが1年続けば7200円まで膨れ上がります。
会社の経費は抑えるに越したことはありません。
7200円といえども、大きな差になります。

WiFi(ワイファイ)をレンタルしたとき、消費税増税はどう影響する?

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーター

Softbank回線 Pocket WiFi 601HW (通信容量50GB)をレンタルしたと仮定してみましょう。

現在は1か月あたり6000円になっています。
ところが、増税後は6120円となります。
1台だけなら120円の差でも、10台あれば1200円。
1年継続したら14400円となります。
これだけの差となれば、増税による会社経費の増加を充分に感じられるのではないでしょうか。

増税に備えてできることは?

増税に備えてできることは、ズバリ増税前に設備投資を済ませてしまうことです。
先までに検討した通り、増税後は増税前と比較して多くの経費が発生することになります。
一方で消費税の増税を見越し、増税前にレンタルしてしまえばその設備についてはお得に利用することができるのです。
当社ではレンタルについて、経費や消費税という側面からのご相談も無料で受け付けております。

ご相談やお見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

【働き方改革の第一歩はレンタルから】パソコンやタブレットをレンタルして働き方改革を実現!

政府主導で行われている働き方改革。
残業規制や多様な働き方など、企業にはこれまでとは異なる労働環境の求められる時代となってきました。
パソコンや周辺機器をレンタルして働き方改革を実現してみましょう。

ノートパソコンをレンタルして働き方改革

                    

働き方改革を実現するためにも、まずは社内のパソコンの状況を確認してみましょう。
業務内容に見合ったパソコンの支給がなされているか、社員全員に行き渡っているかなどが具体的な検討事項になります。
働き方改革の実現には、業務内容やフローの見直しだけでなく業務に使用するパソコンの見直しも重要です。
とはいえ、パソコンの購入や買い替えは会社にとって大きな負担となります。
そこで、必要となるノートパソコンをレンタルによって揃えてみましょう。
ノートパソコンはレンタルすることで、購入にするよりもずっと低いコストで導入することができます。
当社ではオプションでキッティング作業も承っているため、導入に手間をかけることがありません。
また、当社では用途に応じて多数のノートパソコンを取り扱っております。
レンタルするノートパソコンに迷うのであれば、ぜひ一度ご相談ください。


デスクトップパソコンをレンタルして働き方改革

ノートパソコンと同様、デスクトップパソコンをレンタルすることでも働き方改革を実現することができます。
一般的にデスクトップパソコンの方がノートパソコンに比べて大きな画面での作業や高いスペックを活かした作業に向いています。
ノートパソコンとの比較で迷うことがあれば、一度当社までご相談ください。


Wifiルーターをレンタルして働き方改革

働き方改革にあたっては時間の有効利用がカギになります。
Wifiルーターをレンタルすれば、どこへいても常にネットへ接続でき、メールの返信や資料作成など少し手間のかかる作業を移動時間に行うことができます。
移動時間中の細切れな時間でも、積み重なればそれが大きな差へとつながります。
Wifiルーターのレンタルはそんな細切れの時間を有効活用するために必要なことの一つです。
当社のレンタル用Wifiルーターはデータの通信量に応じて7GBと50GBの二種類を用意しています。
その他にも海外用やMVNOルーターなど用途に応じて豊富に取り揃えております。
どのタイプにするか迷われるのであれば、使用用途など含めて当社にご相談ください。


タブレットやiPadをレンタルして働き方改革

タブレットやiPadは小型で携帯しやすく持ち運びに適しています。
それを活かし、タブレットやiPadをレンタルして出張中などに携帯して業務をするという方法があります。
前述のWifiルーターと一緒にレンタルすることで、出先でもインターネット環境にて作業することができます。
当社で取り扱うレンタル用のタブレットやiPadの中にはLTE通信に対応しているものもあり、Wifiルーターを介せずとも通信することのできるタイプもあります。
ノートパソコンよりも小回りが利き、スマートフォンよりも仕事の遂行能力のあるのがタブレットやiPadの特徴です。
働き方改革にあたってぜひご検討ください。

 

 

スマートフォンのレンタルで働き方改革

社用の携帯電話を支給していなかったり、社用携帯電話がいわゆるガラケーなのであれば、レンタルしてスマートフォンに変えてみましょう。
スマートフォンであれば、地図アプリなどを利用して迷わず目的地へたどり着けますし帰路も最短経路を選択することができます。
メールの送受信や出先でのちょっとした調べものもお手の物。
パソコンやタブレット以上の小回りと扱いやすさが魅力のスマートフォン。
当社ではSIMフリーのiPhoneをメインに取り扱っていますが、ご要望に応じてSIMのご用意や他の機種のご用意も可能です。
その他詳細やご要望についてはお気軽にご相談ください。

 

レンタルパソコンで働き方改革するならレンタルマーケットへ

働き方改革に対応するにはまずは取り巻く環境作りから始めなければなりません。
レンタルマーケットではパソコンやタブレットのレンタルについて無料の相談を受け付けております。
レンタルパソコンやタブレットなどを利用し、働き方改革の実現に役立ててください。

 

 

【タブレット/iPadを会社でレンタル】社内業務の効率化と経費削減はレンタルで解決!


近年タブレットやiPad端末をレンタルして導入する会社様が増えています。
なぜ、そのような企業が増えてきているのでしょうか。
今回はタブレットやiPadをレンタルして導入する魅力について迫ります。

レンタルタブレット/iPadの導入をおすすめする理由

「ノートパソコンさえあればタブレットやiPadなんて…」と思われるかもしれませんが、実はタブレットやiPadには特徴があり、それが他の端末にはない魅力となるのです。
 

経費の削減となる

社内の資料やメモ、未だに紙で作成していませんか?
紙での資料作成やメモでは、用紙やインク代をはじめとする諸経費が発生します。
しかし、タブレット端末やiPadをレンタルし、社員一人につき一台支給することでそのような諸経費が大幅に削減されます。
レンタルであれば、ネックとなりやすい初期費用も抑えつつ経費の削減を図ることができます。

営業力を上げることができる

タブレット端末は動画を再生したり、その場で調べたこと、あらかじめ用意しておいた資料を状況に応じて柔軟に切り替えて表示させることができます。
ノートパソコンでも似たようなことができるのですが、タブレットやiPadを利用することで受け手に与える印象、特にスマートさをより感じさせることができるのです。
状況に応じて従来の口頭や紙ベースといった営業手法と組み合わせて営業することで、タブレット端末やiPadは絶大な伝達力を発揮します。
同じ内容でもプレゼン方法一つで結果が左右されることも少なくありません。

業務が効率的になる

会議資料や顧客データなど社内で何らかの情報を共有するとき、紙ベースで一人ひとりに配布するなど手間が発生します。
また、会社によっては半日がかりで過去の資料を発掘したり、膨大な資料の保管場所に頭を悩ませていることもあるでしょう。
しかし、資料を極力電子化し、タブレットやIpadでの共有や閲覧を可能とすることで、上記のような問題は一気に解決し、業務効率が大幅に改善されます。
情報や資料の共有を容易にし、かつ、スムーズにアクセスできるようにすることが業務の効率化に向けた第一歩です。

レンタルするのにおすすめのタブレットやIpadは?

当社では複数のタブレットやiPadを取り扱っています。
そこでいくつかレンタルにおすすめのタブレットやiPadをピックアップします。

高機能ながらコスパは圧倒的 TEKWIND CLiDE(クライド) A10A

10.1インチと大きめの画面ながら重さは約590グラムと非常に軽量なこの機種。
しかし、侮ることなかれ。
液晶に高解像度IPS液晶を採用していながら、バッテリーは驚異の最大10時間駆動(アイドル時)を誇る驚異のパフォーマンスを持っています。
軽量ながら高い液晶の性能とバッテリーを活かし、営業やプレゼンの場で絶大なパワーを発揮してくれることでしょう。
 

社内利用ならこれでお任せ Google Nexus 7 SIMフリー (Wi-Fiモデル)

外出で持ち歩いたり営業に使うことはないけれど、一般社員に広くタブレットを支給したい。
そんなときにはこちらの端末がおすすめです。
画面サイズは7インチと使いやすいサイズであり、かつ、大きさも114×8.65×200 mm(幅×高×奥)と非常に利便性の高い端末です。
容量は32Gあり、多少ファイルを保存しても問題はありません。
レンタル価格も安価であり、最初の導入に利用する機種としてよいのではないでしょうか。
 

外出先からのシステムアクセスやメールも楽々 Google Nexus 7 (3G・LTE対応/SIMカード付属)

外出が多く、移動時間にメール返信や社内システムでの申請などを済ましておきたい!
そんな場合はこちらの機種がおすすめです。
こちらは先ほどご紹介したモデルのLTE通信対応版であり、LTE通信が可能なSIMが付属しています。
通信量は標準で2GBとなっていますが、メールや社内システムへのアクセス程度であれば充分な通信量でしょう。
Wifiにも対応しているため、当社レンタルWi-Fiと併用して利用されるとより活躍の場が広がります。
 

使い慣れた感覚でタブレットを ICONIA TAB 8 W (W1-810-F11N)

「タブレットをレンタルするのは便利そうだけど社員の抵抗が…」
そんな会社様でも安心してご利用いただける機種がこちらです。
こちらはOSにwindows8.1を搭載しており、普段お使いのWindowsのパソコンと同じ感覚でお使いいただけるのです。
メモリ1Gで容量も32GBと事務作業もこなすことができます。
画面サイズは8インチであり、まさに普段お使いのパソコンをそのまま小さくして直感でタッチ操作できるように改良したイメージです。
タブレットに対する抵抗を取り払うための第一歩として導入するのもよいかもしれません。
 

iPad Air 2 Wi-Fiモデル

こちらはiPadになります。
普段使いの端末がiPhoneであったりMacである場合、OSが同じであるため他のタブレット端末に比べて直感的に操作しやすいでしょう。
また、windowsのようにWordやExcelも使用することができます。
容量も16GBで画面が9.7インチ、重さも444グラムと大変扱いやすいスペックになってます。
社内にiPhoneやMacに使い慣れた人間が多いのであればiPadもおすすめです。
また、出先での使用頻度が高いのであれば、LTE通信可能なこちらのモデルもご用意しております。
 

タブレット、iPadをレンタルして社内の業務改善に取り組みましょう

タブレットやiPadをレンタルして利用することで、社内の業務効率は一気に改善されます。
タブレットやiPadのレンタルについてのご相談はレンタルマーケットまでご連絡ください。


ipadレンタルを依頼するとipadを試せる

■iphoneを持つ人もipadを所有している

新時代の携帯電話であるiphoneが登場してから、
人類の生活は劇的に変化したと言われています。
あらゆる場所からパソコンを操作出来るようになった様なものなので、
iphoneが高い評価を受けるのは無理もありません。
しかし小型の端末では達成出来ない需要も存在しています。
それは操作性がデスクトップパソコンよりも劣る事です。
小型の端末という制約があるため画面も小さくなります。
目が悪い人にとって操作し難い事は確かです。
だからiphoneを購入した人がipadも所有する事例が増えています。
ipadはiphoneを大型化した様な端末なので、
視力に問題のある人でも利用し易いのです。
iphoneの操作方法と似ているipadですが、
全く別種の製品だと評している有識者もいます。

 

■レンタルサービスの利点

ipadが必要な時に多用されるのはipadレンタルです。
購入サービスを用いると長期的な利用を強いられる事になります。
契約期間中に解約すると違約金という形でペナルティを課せられるからです。
初めて利用する人にとってペナルティの存在は不安要素だと言えます。
だからipadレンタルで使用性を確かめるべきなのです。
ipadレンタルで実機を入手すれば、
本当に欲しくなるまで購入を保留する事が出来ます。
購入までのモラトリアム期間を得られるため、
ipadレンタルが失敗のリスクを軽減する上で役立つのは間違いありません。
それ故に購入とレンタルのサービスが使い分けられています。
短期的にはipadレンタルが有効で、
長期的には購入サービスの方が優れているのです。

 

■上級者もレンタルサービスを頼る

前述した購入とレンタルの特性を活かしているのは、
ipadを初めて利用する人種だけではありません。
ipadの新製品は定期的に発売されており、
使用性を確かめられる事をファンは楽しみにしています。
ipadが好きな人は注目の新製品の登場を楽しみにしていますが、
気軽に機種変更出来るとは限りません。
購入サービスを利用した時に生じる契約が阻害要因になるからです。
ipadレンタル業者に頼れば契約の適用範囲外になります。
つまり気になる機種が登場する度に試運転を行えるという事です。
自由度が高い事こそがipadレンタルにおける最大の魅力だと評価する人もいます。
人によって最大のメリットの認識が異なるのは、
ipadレンタルを頼む事で様々な利益を得られるためです。
その事実からも有益なサービスである事は垣間見えます。
ipadの上級者や初級者という枠組みは、
複数のメリットを持つipadレンタルでは無関係だという事です。

タブレットレンタルは会社設立時に役立つ

■理想と現実にはギャップが存在する

タブレットを会社の業務に取り入れたいと考える経営者は存在します。
文明の利器を扱いたいと考えるのは多くの経営者に共通する事です。
そして起業したばかりの経営者が多用するのはタブレットレンタルになります。
タブレットレンタルの利用率が高い事には理由が存在しているのです。
起業する前の経営者はあらゆる物事に思いを馳せています。
その時に会社で仕事が行われる風景も思い浮かべているのです。
しかし頭の中で想定していた事が現実で通用するとは限りません。
仮にタブレットを運用して効率化を望むなら、
取引先のセキュリティ環境が邪魔になる事もあります。
セキュリティポリシーの意識が強い企業では、
外部と連絡を取れるタブレットの持ち込みを許可しないからです。
移動しながら業務を遂行する事も、
多用する公共の乗り物が常に混雑していると不可能になります。
タブレットを購入する前に理想と現実のギャップを埋める事は大切です。

 

■失敗してもレンタルサービスを用いていれば安心

現実的な問題を確かめるためには、
実際にタブレットを所有して行動するのが一番です。
しかし購入サービスでは出費額が大きくなるので、
タブレットレンタルで試験的な運用が行われます。
仮に大型の携帯デバイスを使った仕事が不可能だと判明しても、
タブレットレンタルを用いていれば最小限のダメージに抑えられるのです。
導入済みの製品を機種変更する時も、
レンタルサービスは便利だと評価されています。
例えば機種変更によって数百台のタブレットを変更する時、
失敗したら大損害を被る事になります。
ですがタブレットレンタルサービスで使用性を確認すれば、
抱えるリスクを軽減出来るのです。
リスクマネジメントにレンタルサービスは役立てられています。

 

■社員の増減に対応出来る

起業したばかりの会社は非常に不安定な状態だと言われています。
取引先の獲得状況や企業理念の相違のせいで、
人員の増減が頻繁に発生するのです。
せっかく購入した高額な機械が1日で不要になるという事態もあり得ます。
新入社員のためにタブレットを購入しても、
1日で不要になってしまったら目も当てられません。
だからタブレットレンタルによって人員の増減に対応するのです。
スタッフが信用に足る人物だと判断出来た段階で購入サービスに切り替えれば、
不利益が生じる危険性を排除出来ます。
この手法は数百人の人員で構成される大企業でも採用されています。
企業規模に関わらず経費を意識するのは重要だという事です。
今後もタブレットレンタルは企業に重宝されると予測されています。

 

人気製品のipadレンタルが行える

■世間を賑わす存在となったipad

世界中には様々な製品が開発されています。
それらは生活を便利にする効能を持つため支持されているのです。
その中でも生活必需品に該当する物は多くのファンを抱えています。
ライフスタイルを確立する上で無くてはならない存在になれば人気を集めるのは当然です。
最近ではアップル社のipadが生活必需品になったと評価されています。
ipadは従来型の携帯電話の機能に加えて、
役立つソフトウェアをインストール出来る製品です。
まるで携帯可能なパソコンの様だと形容されています。
アップル社は携帯式の音楽プレーヤーで一躍有名になった会社です。
つまり携帯式デバイスに関しては他のメーカーよりも一歩先を進んでいます。
現代のipad人気は至極順当な結果です。

 

■レンタルした方が良い事もある

有用な存在だと一般大衆から認められたipadですが、
購入サービスに制約が多い事でも知られています。
継続的に課金させる事で顧客から収益を得ているからです。
何度も機種を変更していたらメーカーの収入は安定しません。
だから直ぐに別機種を変更した場合には、
違約金のペナルティを課せられるのです。
そのためipadレンタルを依頼するユーザーも存在しています。
ipadレンタルで製品を導入すれば、
機種に気に入らない点があっても直ぐに変更可能です。
ipadレンタル業者がメーカーと契約している格好なので、
変更によってユーザーが不利益を被る事は一切ありません。
フットワークの軽さを実現出来る事が、
ipadレンタルサービスの強みだと言われています。

 

■限られたタイミングにだけ利用されるレンタルサービス

 

ipadレンタルサービスの主な利用者は、
限られたタイミングだけ大型の携帯デバイスを必要とする人種です。
例えばスポーツ観戦を趣味にしている人は、
イベント開催日が近づくとipadレンタル業者へ行きます。
そして業者に依頼して希望のipadを借り受けるのです。
小型の携帯式デバイスで撮影するケースと違い、
ipadレンタルを用いれば現地で映像の確認を行えます。
大型のディスプレイで常に映像確認しながら撮影すると、
記録に対する不満を解消し易いというメリットがあるのです。
授業を受ける生徒がipadレンタルをする事もあります。
学校のカリキュラムの中にipadの操作訓練が含まれる事があるからです。
教材として購入すると高額な料金を請求されるので、
経済的に問題を抱える人はレンタルサービスで乗り切っています。
以上の様に限られた期間だけ使うのであれば、
レンタルサービスに頼る方がお得だと言えます。
上手にサービスを使い分けるコツは利用期間に気を巡らせる事です。
そうすればipadレンタルサービスを有効活用出来るのは間違いありません。

新製品を常に試したい人にとってタブレットレンタルサービスは有用

■新機種を試したいと考えるのは技術職に就いている人

タブレットやスマートフォンの利便性が認められているのは、
搭載されているソフトウェアが様々な場面で活躍出来るからです。
ソフトウェアはメジャーなコンピュータ言語で開発出来るため、
個人や企業が開発に力を入れています。
しかしデバイスにインストールするアプリケーションは、
実用性を考慮しなければなりません。
そのためタブレットレンタルで実機を準備する人が多いのです。
タブレットレンタルは一時的な利用で済むため多大な出費を求められません。
動作確認をする事だけが目的ならばタブレットレンタルで十分です。
粗悪なアプリケーションは理論上で完結しているため、
実用性に欠ける場合が少なくありません。
それは顧客満足度の低下を招くリスクがあるので、
タブレットレンタルサービスは技術職に就いている人が多用しているのです。
特に高額で販売されている新機種のテストが必要な時、
タブレットレンタルが重宝されています。

 

■購入サービスの契約が邪魔になる

技術的なテストをする時にタブレットレンタルが頼られるのは、
購入サービスの契約が邪魔になっているからという意見もあります。
携帯型デバイスであるタブレットは高級品です。
しかしネット回線と本体を同時に提供しているにも関わらず、
一般大衆でも容易に購入する事が出来ます。
それに加えて壊れた時にはカスタマーセンターが対応するなど至れり尽せりです。
非常に高品質なサービスだと言えますが、
実現するためには継続的な利益を得られる仕組みが必要になります。
そのために購入してから直ぐに機種変更すると、
違約金を取られる事があるのです。
新製品の発売の度にテストが繰り返される様な職場では、
購入サービスのデメリットは大きすぎると言えます。

 

■タブレットレンタルは計画的に行うべき

レンタル業者に頼れば契約先がメーカーではなくなります。
所有権は業者側なので購入サービスの契約事項を意識する必要はないのです。
代わりに守る事を義務付けられるのは、
レンタルサービスを提供している業者の契約になります。
よって前述した購入サービスの違約金が発生するリスクは解消されるのです。
人気が出そうな新製品が登場したら、
タブレットの貸し出しを依頼するだけで動作確認を行えます。
それによってソフトウェアの起動や動作の確認を素早く完了させられるのです。
ただしタブレットレンタルは長期間の利用には適していません。
アプリケーションのテスト項目が作り込まれていないと、
何度もタブレットレンタルを業者に頼む事になってしまうのです。
複数回の利用をすればレンタルサービスのデメリットが顕在化してしまいます。
レンタルサービスを使いこなすためには運用計画を練り上げる事が肝心です。

理想の新機種が登場するまでipadレンタルを活用すべき

■欲しい新機種が登場しても購入し難い事がある

ipadは好調な売れ行きを見せており次々と新製品が開発されています。
ipadに好意的な感情を抱いている熱狂的なファンの中には、
全ての製品を使用したいと考える人も存在しているのです。
しかし発売された製品を全て試す事は無謀だと言えます。
本体を購入した時に契約が締結されるからです。
メーカーは直ぐに機種変更をする事を許可しておらず、
数年間の継続利用を義務付けています。
それを違約するとお金を支払わなければならないのです。
発売される度にipadを購入していたら、
複数台分の回線契約の費用を支払う事になります。
その費用が非常に高額なのは言うまでもありません。
以上の理由から購入サービスで全ての新機種の試運転をするのは難しいと言えます。

 

■レンタルサービスは気軽に機種チェンジが出来る

ですがipad レンタルを用いれば話は違います。
ipad レンタルを受け付けている業者に頼めば、
新製品を直ぐに利用する事が出来るのです。
ipadレンタルでは貸し出し品を準備している業者が契約を結んでいるため、
違約金の有無にユーザーが悩む事はありません。
だから気になる新機種を試したいと考える人から愛用されているのです。
問題があるとすればipadレンタルサービスの需要が大きすぎる点だと言えます。
注目の新機種を一度試してみたいという人が業者へ殺到するのです。
よって事前の予約を受け付けている業者でなければ、
新機種をレンタル出来ない事もあります。
運に左右されて目的の品を借りられない事は欠点です。

 

■新機種が登場するまでレンタルサービスに頼る

忘れてはならないのはipadレンタルが短期間向けの商材である事です。
気に入った機種が見つかったならば購入サービスを用いるべきだと言えます。
ipadレンタルをしている時は購入サービス以上の費用を負担するからです。
長期間に渡ってレンタルしたいと考えたなら、
素直に購入サービスに乗り換えるべきだと言えます。
サービスの選び方でミスをしたくないなら、
コストパフォーマンスを意識すべきです。
ipadレンタルは一目で料金が分かるようになっており、
購入する時に必要な料金を知っていれば簡単に試算出来ます。
重要なのはipad レンタルが優れているという事実に目を曇らせない事です。
特定のサービスを優遇せずに見定められば最適な手段が見えてきます。
それを習得する事がipadレンタルの使いこなしには必要です。
前述した熱狂的なファンを例にするなら、
新機種が登場する度にレンタルサービスを利用し、
お気に入りの製品が見つかったら購入サービスを用います。
それがベストな形でのipadレンタルの活用方法です。

教育現場で役立つと予測されるタブレットレンタル

■タブレットの操作を勉強する時代になった

学校の授業内容は時代に呼応する様に変化し続けています。
過去の時代に通用した勉強が現代においても重要であるとは限らないからです。
逆に現代になって初めて登場した機器が、
今後は必要になると判断される事もあります。
タブレット端末の扱いを授業で勉強する事になったのも、
将来的に必要なツールだと考えられるようになったからです。
タブレット端末を使った授業は全ての学校に導入されていませんが、
将来的に必須科目の一つになると予測されています。
それだけ携帯端末の運用が将来を左右するという事です。
新技術の中でも特に注目を集めている存在なのは間違いありません。
時間を効率的に運用する上ではデスクトップパソコンだけでは不足です。
業務の大半を外出しながら過ごす人が存在するからです。
外出中も仕事を効率化出来るツールが重要な立ち位置なのは当然だと言えます。
それを覚えるためにタブレット操作の授業が導入されたのです。

 

■教材の購入費を軽減出来る

一般的に授業はカリキュラムに沿って進められます。
だから学校の教材としてタブレットを使う時にだけ、
タブレットレンタルを利用するケースがあるのです。
携帯端末操作の学習期間中だけタブレットレンタルを依頼すれば、
購入サービスを用いる必要がありません。
それは教材費用を軽減する事にも繋がります。
古今東西の授業において特別なツールを導入する事例が少なくありません。
効率化をするために道具の運用を覚える事は大切ですが、
義務教育期間中に出費が大きくなると問題になります。
義務教育は経済的な問題に縛られてはならないからです。
それを解決するためにもタブレットレンタルは有用だと評価されています。

 

■大学生も多用するタブレットレンタル

タブレットレンタルの存在によって義務教育の現場が助かるのは事実ですが、
高級なツールを使った義務教育の事例はごく僅かです。
現実的にタブレットレンタルを用いているのは、
授業内容に大きく違いが生じる大学生からになります。
大学生になると経済的な自立を親から求められるケースも多く、
タブレットを準備する時に自費で賄う人も存在するのです。
しかしタブレットは高価な商材であるため、
購入サービスに躊躇いを感じる人も存在しています。
だから本当に必要な期間だけ借りる事が出来るタブレットレンタルが重宝されているのです。
一般的に大学の講義は3ヶ月程度で終了するので、
購入サービスよりもコストパフォーマンスが優れるケースは珍しくありません。
今後もタブレットレンタルサービスは教育現場で必要になると考えられています。

 

新登場した機種を試せるipadレンタルサービス

■購入すると数年間の利用を義務付けられる

ipadには通常の家電製品に存在しないルールがあります。
それはipadを一度購入すると自動的に契約が締結され、
期間内に別メーカーの端末を購入すると、
違約金を支払わなければならないというものです。
高級な本体と回線サービスを同時に提供するため、
本来のipadの購入価格は非常に高いと言われています。
それが一般大衆でも手を出し易いリーズナブルな価格に収まっているのは、
回線プランや契約内容が工夫されているからです。
継続的に使用する仕組みを構築すれば、
初期投資に必要な金額を高くしなくても済みます。
だから違約金という特殊なルールを設けられているのです。
気に入らなければ機種変更を断行する人にとっては鎖の様な物だと言えます。

 

■レンタルサービスであれば契約の適用範囲外

前述したルールが存在している事もあり、
ipadレンタルに頼る人が存在しています。
ipadレンタルでは利用を途中で止めたいと思ったら、
直ぐに機種変更をしても問題ありません。
ペナルティが発生しない理由は、
本体の所有権を持つのがipadレンタルを実施している業者だからです。
ipadレンタルを依頼している者が利用を途中で止めても、
レンタル品が業者に返品されるだけです。
つまり業者の持ち物である事には何も代わりがないので、
契約違反をしていない事になります。
一般的にレンタルサービスは高額で販売される物品を安価で利用するために存在しています。
ですがipadレンタルでは特別なルールが存在している事で、
今までにないメリットが生まれたのです。
稀有な事例としてipadとは無関係な業界からも注目されています。

 

■新機種を次々と試せる

ipadレンタルによって最も恩恵を受けるのは、
新しいデバイスに強い興味を抱く人種です。
彼らは新登場した機種の能力をいち早く試したいと考えています。
だからこそ真っ先に端末を入手して動かしたいと考えているのです。
しかし複数の端末を同時利用すると、
通信回線と本体購入の費用で財布の中身が減ります。
回線契約を打ち切って本体を売却する事も、
前述した違約金の問題のせいで実行出来ません。
だからipadレンタルが重宝されているのです。
新機種の使用性を確かめたいという目的であれば、
短期間のレンタルで問題ありません。
それがipadレンタルを不動の地位に押し上げている要因だと言えます。
今後は新製品の開発が更に加速すると予測されています。
つまりipadのファンにとって新機種を試すチャンスです。
ipadの関連サービス全体が勢いづき成長する事は間違いありません。