仕事で使うipadをレンタルするメリットとは?

最近、仕事上で利用されることが多くなってきたipad。

仕事で求められるスピードが高まってきたのと同時に、仕事上でipadのようなタブレット端末を利用したいといった需要も高まってきています。
そのipadをレンタルすることができるサービスが存在することをご存知でしょうか。
本記事ではそんなipadをレンタルするサービスを利用するメリットをご紹介していきます。

ipadについて

ipad

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずipadについての説明ですがApple社から販売されているタブレット端末で、分かりやすく言うと同じApple社が出しているiPhoneを少し大きくしてノートパソコンのようにも使用できるようになっているものです。  

携帯電話でiPhoneを利用している方も多いと思いますが、ipadも同じOS(基本ソフトウェア)を使用しているので基本的な操作感はiPhoneとそれほど変わりません。
ノートパソコンでMacBookを利用している方にとっても、同じ会社の製品ですので馴染みやすいUI(ユーザーインターフェース)になっています。
iPhoneや
MacBookを使い慣れている方にとっては馴染みのある操作で非常に使いやすいですし、iPhoneやMacBook以外を利用している方にとっても直感的に操作をすることが可能なのでスムーズに利用し始めることができます。  

iPhoneやスマートフォンと同じような操作感で、大きな画面を利用した操作ができることがipadの最大のメリットです。
iPhoneやスマートフォンはその小ささや携帯する手軽さがメリットのひとつですが、ドキュメント資料やWebの閲覧、動画の視聴などをするには小さい画面だとどうしても見えにくくなってしまいます。
その反面、タブレット端末であるipadはiPhoneやスマートフォンよりも大きな画面なので見やすく操作もし易いです。

ノートパソコンの方が物によっては画面が少し大きいですが、タブレット端末であるipadの方が圧倒的に薄くて軽いので持ち運びやすさは断然ipadの方が上です。
ノートパソコンを広げた際のキーボードの分のスペースがなくなるので、狭いスペースでも置くことができます。
スマートフォンの手軽さとノートパソコンの機能性のいいところどりをした通信機器になります。
  

またipadはデザイン性にも優れていて専用のカバーや周辺機器も多く出ており、自分の好みに合わせたスタイルにカスタマイズしてipadを利用することができます。
専用のキーボードを使用すればノートパソコンのような使い方もできますし、ipad専用のタッチペンも存在するのでノート替わりで気軽にメモを取ることもできます。

アプリもiPhoneと同様にストアに様々な種類のアプリが存在し、多くのものが無料で使用できるので、用途に合わせてipadをより使いやすいものにしていくことができます。

もちろん、有料のアプリも存在していて、有料アプリをインストールすることでよりipadがパワーアップし、ipadでできるようになることが増えます。

ipadを仕事で利用するメリット

閃いている男性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなipadを仕事上で利用するメリットを確認していきましょう。

ipadを利用するメリットその①資料が見やすい

先ほども少し説明に出てきましたがドキュメント資料の見やすさと扱いやすさです。
仕事において資料修正や資料を見ながらの話し合いをすることがとても多い方にとってはぜひおすすめです。
外出先での会議などで資料を見ながら話し合いをしていて、その中で少しだけ修正したくなったときなどにはすぐに修正して対応できます。

ipadを利用するメリットその②手軽に持ち運ぶことができる

ノートパソコンにくらべ薄くて軽いので、移動の多い仕事をされている方にとってはとてもおすすめです。

作業をする際にもキーボードの分のスペースを省くことができているため狭いスペースでも作業することができますし、
自席に座ってゆっくり作業する際にも専用のキーボードを利用することでノートパソコンと変わらない操作性で作業できるので、
TPOにあった最適な操作方法で仕事を行うことができます。

ipadを利用するメリットその③ノートの替わりにもなる

専用のタッチペンを利用すれば一瞬にしてノート替わりにもなり、
会議中にメモを取りたくなった場合もすぐにメモを取ることができるようになるため紙の資料やノートなどを持ち運ぶ必要がなくなります。

ipadを利用するメリットその④iPhoneとファイル共有することができる

iPhoneを利用している方はiCloudでiPhoneとのファイル共有をすることができます。
メモ帳の内容も共有することができるので、とっさにiPhoneでメモを残した内容も後で落ち着いたときにゆっくりipadで確認や加筆・修正をすることができます。

では次にipadをレンタルで利用する際のメリットについて確認していきましょう。

レンタルのメリットその①費用

コスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ipadは最新の技術を搭載しているので、普通に購入しようとするとどうしても初期費用が高く掛かってしまいます。
初期費用の高さから、とりあえず試験的に仕事にipadを取り入れてみようという感覚で購入するには少し敷居が高いですし、最新のバージョンへの買い替えもためらいがちです。
また、ipadをどれくらいの期間利用するか分かっていない場合などに購入してしまうと、買ってからの短期間しか利用しなかった場合などには誰にも利用されることなく倉庫に眠ったままといった状況にもなりかねません。
 

レンタルを利用すれば試験的に利用してみることも可能ですし、必要だと想定される期間だけの利用が可能なので費用を節約することができます。
場合によってはレンタル期間を延長することも可能ですので、最適な期間・費用でipadを利用することができます。

レンタルのメリットその②安心の保証

握手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ipadなどのタブレット端末は画面が大きく利用中はむき出しの状態が多かったり移動しながらの利用や持ち上げて利用することが多いので、落としてしまって画面に傷がはいってしまいやすかったり、飲み物をこぼしてしまったり水没させてしまったりすると壊れてしまったりと、とてもデリケートな機器です。
通常であればメーカーであるAppleの保証に頼るのですが、Appleでの保障対応は非常に時間がかかるのと、保証条件にとても制限があります。
 

一方レンタルサービスを利用した場合は、レンタル元に電話一本かけるだけで新しいipadと交換してもらえることもあります。
もちろん故意で壊してしまった場合などは保証の対象にはなりませんが、全体的にAppleの保証よりもレンタルサービスを利用している方が保証が手厚く安心です。

レンタルのメリットその③最新のものを利用できる

最新のテクノロジー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ipadなどのタブレット端末に限ったことではありませんが、IT関連の機器は数年経っただけでとても古いものになってしまいます。
年々新しい機能が追加されてより良いものにリニューアルされていくので購入してすぐは最先端の技術を利用して体感できますが、すぐに他に新しい機能が付いているものが出たりすると物足りなく感じてしまうことが多いです。

また、使い続けることによって故障してしまう可能性も高くなりますし、
購入して利用しなくなった場合に売却しようとしても、型落ちになると買取の金額もがくっと下がってしまいます。
 

レンタルを利用して使用する場合は基本的にレンタル元は最新のものを提供しているので、最新のものを利用しながらそれよりも新しいものが出てきたらすぐに新しい方へ移り替えることができます。
これにより常に最新の機能を利用することができるので機能不足を感じることもありませんし、長期利用に伴う故障の心配も必要なくなります。
 

仕事ではある程度スピード感を求められますので、最新の機能を有した機器を利用することで高いパフォーマンスを発揮できることが期待できます。

レンタルのメリットその④処分の手間がかからない

スマートフォンやノートパソコンが不要になった際の処分方法はとても面倒です。
仕事で利用していたとなると大切な情報が多く溜まっていたものになるので、適切な処分方法をしなければ情報漏洩につながってしまう危険性があります。

多くの場合はこのような通信機器の処分の際に専門の業者に頼むのが一般的ですが、業者に依頼するということは費用が発生するということなので、
ipadを購入してしまうといつかくる処分の際に手間と費用がかかってしまいます。

その点レンタルでipadを利用する分には、レンタル期間が終了し使い終わればあとはレンタル会社にipadを返却するだけで良いので、
処分するために発生する手間も費用も掛かりません。
この点でもレンタルを利用することによって費用を削減できると言えます。

ipadのレンタルにお悩みの際は、まず相談してみる!

びっくりマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ipadの特徴や、ipadをレンタルするメリットをご紹介してきました。
仕事でipadを利用することを検討されている方は、ipadのスペックや通信方法についての確認や利用期間や料金面の確認も可能ですので、まずはレンタルマーケットにご相談ください。

【総務担当必見】iPadを調達するのに便利な方法は?法人利用のiPadはレンタルが圧倒的にお得

タッチパネルで操作するiPadはPCと違って直感的な操作が可能で非常に便利なアイテムです。
会議やプレゼンの場ではもちろん、展示会でも補助アイテムとして活躍します。
ただ、使い方次第ではスポットで必要だということもあるでしょう。
そんなときに活躍するのがiPadのレンタルです。

iPadはビジネスチャンスを増やすアイテム

iPadの活躍するビジネスが行われている都市部

法人がiPadを導入する最大のメリットはやはり直感的な操作ができるという点です。
それによってビジネスチャンスをより効率よく手にしていくことができるのです。
パソコンと違って指で直接触っての操作が可能で、文字を画面に手書きする感覚で描画することもできるのです。
また、商談や会議の場では資料にメモを書いて相手と確認し合う場面も多々あることでしょう。
そのような場面でもやはりiPadは便利です。
もちろん紙でも同じようなことができますが、急なデータ変更に対応するにはiPadの方が圧倒的に有利です。
それだけでなく、ペーパーレス化によってコスト削減をしながら紙では扱えない動画や音を扱うこともできるのでより相手方に訴えかけることが可能になります。
さらに、iPadはその場ですぐにデータを編集してそのままデータを送信することができるので素早くやり取りできる点も魅力です。

なお、iPadには翻訳機能やその他さまざまな機能が搭載されています。
国際化により日本国内にとどまらず、海外へビジネスの場を広げることが当たり前になってきた昨今、iPadを使えば翻訳も海外出張も不安に思うことはありません。
日本語で作った資料を相手の母国語に翻訳しながら商談なんて使い方も出来ます。
アプリを追加するだけでさまざまな機能が追加できるので手間もかかりません。

iPadはパソコン(PC)と何が違うのか

iPadとパソコンの違いを論議する人たち

正直なところ、iPadにできることの多くはPCでも実現可能です。
ただ、パソコンはキーボードでの入力作業が必要であったり起動に時間がかかります。
近年パソコンの小型軽量化が進んだとはいえ、iPadに比べるとまだまだ持ち運びは不便です。
パソコンとほぼ同じ機能が使えて持ち運びが非常に楽になったものがiPadだといえます。

また、iPadはパソコンと比較してセキュリティが高いと言われています。
アプリストアの審査が非常に厳しく、アプリストアからインストールするアプリによるウィルス感染はほとんどないと言われています。
iPadで使われているOS自体もアプリ同士が互いに干渉することのない仕様にされているため、パソコンのようにバックグラウンドで動作して影響を与えるウィルスは発生しないようにもなっています。
どの企業であってもセキュリティ対策は特に気になる部分でしょう。
それだけでもセキュリティ面に安心のあるiPadは導入するメリットが高いといえます。

iPadはレンタルで管理が楽になる

iPadで管理が楽になることを知った人

iPadは頻繁に新製品が発売されるため、アップデートの終了によってやむを得ず端末を買い替えることもあるでしょう。
その反面、予算を削るために古い機種を無理やり使い続けるというのもよくある話です。
しかし、レンタルなら機種のサポート周期に合わせて自動で新機種へ入れ替えられるため、予算を抑えつつしっかりと現行の機種が利用できます。

iPadは小型で軽量化されてるとはいえ、数が大量になると管理するための場所も必要になりますし処分も大変です。
紙のように簡単に処分出来るものではないので専門の業者などに委託する必要もあります。
しかし、レンタルであればそんな心配は全くありません。使い終わったらレンタル業者に返却するだけです。
おまけにレンタル業者の選定によって安全に使える製品を提供してもらえるので、今どの製品ならセキュリティーが大丈夫なのかと考える必要もありません。

税金の問題もあります。
一般的に購入したiPadは資産として扱われますが、レンタルにすることで発生した費用を全額経費として扱うことができます。
税金面でも楽になるというのがレンタルの強みでもあります。

レンタルなら安心の保証がある

レンタルの保証に安心するサラリーマン

PCよりも持ち歩くことが多くなりがちなiPadはふとした時に落としてしまって画面が割れるなんてこともあります。
仮にiPadを購入していた場合だと、破損については自社で対応しなければなりません。
修理代などももちろんのこと、他の業務で使うはずだった時間も無駄にしてしまいます。
しかし、レンタルであればこの問題も心配ありません。
当社にご連絡いただければすぐに対応いたします。
代わりの機種もすぐに準備してもらえるので業務への支障は最小限に抑えられます。ほとんどのレンタル会社では故障などの保証料も込みでレンタル料金を設定しているので不注意による故障でも追加出費がかかることは少ないです。

スポットでの利用ならレンタルが圧倒的にお得

iPadのレンタルがお得なことを計算している風景

iPadを日常的に使っている企業は年々増加してきています。
しかしながら、イベントなど一定のタイミングでしか使わないという企業様もあることでしょう。
せっかくiPadを買ったのに眠らせておくくらいであれば、必要なときに必要なだけ使えるレンタルという方法が圧倒的にお得です。
また、当社ではイベント会場への配送・設置といった対応もしています。
レンタルならイベントの準備も非常に楽になります。

iPadの大量調達はレンタルがおすすめ

iPadを大量に調達するのであれば、確実にレンタルがお得と言えます。
仮に1台10万円とすると、10台調達するだけで総額100万円にもなります。
それだけの金額を一度に支出してしまうとそれだけ資金を圧迫することになりますし、不良品への対応や故障時の手配など手間も少なくはありません。
そこで、iPadを大量に調達するならレンタルがおすすめです。
レンタルなら当社への電話一本で交換や修理の対応が完了します。
さらに、安心補償サービスも有料オプションで用意しているため、こちらも併用いただくことでより質の高いレンタルサービスをご体感いただけます。

レンタルが不安?そんなときは数日間のお試しを!

iPadのレンタルは3日間など非常に短い期間での実施することが可能です。
実際にどのような使い方が出来るのか分からない、本当に必要なのか分からない、どれくらいの台数が必要になるのか分からない。
そんなときは一度当社の短期間のレンタルをお試しでご利用いただくのがよいかと思います。
実際にご利用いただくことで、こんな使い方があったのか。もっと台数を増やしたら業務が効率化出来るな。など実際に実物を触ってみないと分からないことも発見出来ると思います。
もちろん、そのまま期間を延長してレンタルを続けることも出来ます。

iPadのレンタルならレンタルマーケットへ

iPadについてはレンタルマーケットへご相談ください。
購入よりも安く、かつ、早くお手元に届くレンタルサービスをご体感いただけます。
さらに、購入にはないアフターサービスも電話一本で簡単にご利用いただけます。
迷った時もお気軽にご相談ください。
専門知識を持った専任の担当者がお悩み解決をサポートします。
お見積りやご相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

増税前の今がお得、iPad、WiFi(ワイファイ)、パソコンもレンタルするなら今!

2019年10月に消費税の増税を控えた今、パソコンやIpad、WiFiをはじめとする情報機器などの需要が高まっています。
これらの買い替えやレンタルを増税前に済ませておくことで、大変お得にパソコンなどを利用することができるのです。

消費税はどれくらい上がる?

消費税の増税率

現状の消費税は8%となっています。
ところが、2019年10月からはなんと10%に変化します。
実に従来と比べて2%も上昇することになります。
2%と聞くと大したことないと考えてしまうかもしれませんが、会社の経費としてはその2%が大きく影響してくるのです。

iPadをレンタルしたとき、消費税増税はどう影響する?

iPad Air 2 Wi-Fiモデル

例えば当社のiPad Air 2 Wi-Fiモデルを1ヵ月間レンタルしたと仮定します。
現在ならば5000円となります。
ところが、消費税率が10%に引き上げられた後はなんと5100円となります。
これはあくまでも1台当たりの1カ月間の差です。
仮にこれが10台あり、1年使用したと考えると合計で12000円もの金額になり非常に大きな金額であることがわかります。

標準ノートPCをレンタルしたとき、消費税増税はどう影響する?

標準スペックノートパソコン

標準スペック ノートパソコン をレンタルしたと仮定してみましょう。

現状のレンタル料金なら1ヵ月間で3000円です。
しかし、増税後は1ヵ月あたり3060円となります。
1台だけなら1ヵ月60円の違いです。
しかし、10台あれば600円。
それが1年続けば7200円まで膨れ上がります。
会社の経費は抑えるに越したことはありません。
7200円といえども、大きな差になります。

WiFi(ワイファイ)をレンタルしたとき、消費税増税はどう影響する?

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーター

Softbank回線 Pocket WiFi 601HW (通信容量50GB)をレンタルしたと仮定してみましょう。

現在は1か月あたり6000円になっています。
ところが、増税後は6120円となります。
1台だけなら120円の差でも、10台あれば1200円。
1年継続したら14400円となります。
これだけの差となれば、増税による会社経費の増加を充分に感じられるのではないでしょうか。

増税に備えてできることは?

増税に備えてできることは、ズバリ増税前に設備投資を済ませてしまうことです。
先までに検討した通り、増税後は増税前と比較して多くの経費が発生することになります。
一方で消費税の増税を見越し、増税前にレンタルしてしまえばその設備についてはお得に利用することができるのです。
当社ではレンタルについて、経費や消費税という側面からのご相談も無料で受け付けております。

ご相談やお見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

会社で利用するiPadはレンタルにするべき4つの理由

iPadを導入は社内の業務効率の改善や経費の削減に大いに貢献します。
Padを導入する方法にはレンタルする方法と購入する方法があります。
そのどちらを選択するかによって後々大きな違いが生じてきます。

 

会社で利用するiPadをレンタルにするべき理由① 利用期間が自由自在

レンタルなら期間を決めてレンタルできる

人事異動や業務内容の変更などにより必要な台数が変化したときでも柔軟に対応できるのがレンタルの強みです。
人数が増えればレンタルするiPadの台数を増やし、人数が減少すればレンタルするiPadの台数を減らして対応できるからです。

これが購入とあればそう簡単にはいかないでしょう。
状況次第では購入後一か月足らずのうちに在庫の備品となってしまい、その後も備品として眠ったままということもありえます。

会社で利用するiPadをレンタルにするべき理由② レンタル料を経費処理できる

iPadをレンタルして経費削減

会計処理上、iPadは通常購入すると資産に計上されます。
対してレンタルした場合は経費として処理することができます。
経費として処理することで貸借対照表へ組み入れる必要がなくなり、経費処理が楽になるうえ貸借対照表もすっきり見せることができるという利点があります。
これはオフバランスと呼ばれる仕組みです。
健全かつ適切な方法でオフバランス化を進めることで企業会計の状況をアピールすることができ、外部からの評価を高めることができます。

 

会社で利用するiPadをレンタルにするべき理由③ 万が一のリスクを回避できる

iPadをレンタルして回避できるリスクに驚く女性
 

iPadなど精密機器は使用しているうちに劣化したり不具合の生じていくものです。
それだけでなく、不意の事故により破損・故障をしてしまうこともあるでしょう。

仮にiPadを購入した場合、メンテナンスや買い替えの際はすべて自社内で行うか外部へ依頼するかの二択になります。
ところが、レンタルであればレンタル会社に連絡するだけでそれら諸問題が一気に解決します。
通常の使用による劣化や経年による不具合は基本的にレンタル会社の負担となります。
仮にお客様都合による破損や故障であっても、連絡一本で別の代替機へと交換することができ、万が一のリスクも最小限に抑えることができます。

会社で利用するiPadをレンタルにするべき理由④ 廃棄の手間がなくなる

廃棄に手間とコストのかかるiPadもレンタルなら楽ちん

いざ不要となったiPadを廃棄しようとすると、廃棄費用の発生することがほとんどです。
その点、レンタルならレンタル会社へ返却するだけで完結します。
廃棄費用も1台だけなら大したことないかもしれませんが、これも積み重なれば大きなコストになります。

また、情報漏洩のリスクや業者の選定といった諸問題もあります。
そういった手間やコストが一切かからないのもレンタルの大きな魅力です。

iPadのレンタルならレンタルマーケットへ

レンタルマーケットではレンタル向けのiPadを数多く取り揃えています。
使い方や商品の選び方などの相談についても承っております。
iPadの導入が初めてとなる企業様でも安心してご利用いただけるよう、現地での設定や導入のお手伝いをすることも可能です。
導入にあたってのお見積りやご相談は無料です。
まずはお気軽にお問合せください。

 

iPadのレンタルが社内を変える!?iPadが活躍するタイミング3選

iPadは軽くて高性能な製品であり、さまざまな目的で利用できるのに持ち運びが便利という利点があります。
しかし、便利であるがゆえに、iPadをレンタルしてもどう活躍させるべきか悩んでしまうことでしょう。
そこで、本日は社内においてレンタルしたiPadが活躍する場面を3つに絞ってご紹介します。

シーン1 受付

受付で活躍するiPad

意外なことにiPadは会社の受付で活躍します。
従来では会社に来客のあった場合、内線から受付の対応者へ連絡が行き、そこから担当者に繋ぐといった流れがセオリーでした。
しのため、来訪者と担当者が実際に顔を合わせるまで10分近い時間を要することも少なくありませんでした。

しかし、受付に設置してある内線電話に変えてiPadを設置することで、アプリによって直接担当者を呼び出すことができます。
それにより、間に挟まっていた対応者から担当者への伝言作業が不要となり、来訪者と担当者が顔を合わせるまでに要する時間や労力が大幅に削減されるのです。
これにより社内の業務改善や労働時間の短縮にもつながり、かつ先進的な会社であるイメージを来訪者に与えることができるという優れた効果を発揮します。

シーン2 営業先で利用

営業で活躍するiPad

現代のビジネスシーンにおいてパソコンは必須アイテムです。
当然、客先での営業・商談の際にもパソコンの有無で大きく結果が異なることも少なくありません
とはいえ、ノートパソコンは重くてかさばる、そして客先では扱いにくいという点があるのも事実です。

そこで活躍するのがiPadです。
iPadはノートパソコンに近いスペックを持っていながら大きさや重さが持ち運びに適しており、外出時の持ち運びや営業先での利用でも邪魔になることがありません。
一台当たり僅かなコストで数十万円の仕事をとれるのであればこれほど効率のいい投資はありません。
また、iPadの端末をスマートに使いこなすことで「仕事ができる」というイメージを顧客に与えることもできます。

シーン3 会議

会議で活躍するiPad

社内会議といえど、全員に情報を共有し、より実のある会議とするには参加人数分の資料を用意しなければなりません。
資料を用意するとなると、コストや手間が発生します。
ここで生じるコストや手間が業務的な負担や社内の予算を圧迫していることも多いのです。

もし、iPadを参加者全員が持っていたら会議のあり方はどう変化するでしょうか。
資料を電子データに落とし込み、データとして共有することで、人数分の資料を用意するする手間とコストが省かれます。
さらに、会議中に追加したい資料や共有したいデータが増えた場合でも、それらを簡単に共有することができます。
これにより、日々の業務が圧迫されることなく会議に集中することができるのです。

iPadのレンタルで会社を大きく変える

iPadは軽くて持ち運びがしやすく、高性能な優れた端末です。
iPadはレンタルすることで導入の初期費用が安くしながらも、メリットを最大限享受することができるのです。
iPadをレンタルする際の見積もりやご相談は無料です。
お気軽にご相談ください。

iPadがイベントや展示会で活躍する4つの理由

イベントや展示会において未だに紙のパンフレットやアンケート用紙などを使用していませんか?
実はiPadをレンタルすることで諸経費を削減しつつもイベントや展示会をスマートに成功まで導くことができるのです。
今回はiPadがイベントや展示会で活躍する4つの理由をご紹介します。

理由① 運営をスムーズに行うことができる

iPad Air 2 Wi-Fiモデル

展示会で商品を説明するとき、紙や口頭での説明では伝えられる内容に限界があります。
そこで、iPadを利用してみましょう。
iPadなら動画を用いたりWebページを参照しながらの説明も可能になります。
そうすることで展示会では現場担当者の負担が軽減しつつも、お客様の興味を最大限惹きつけることができます。
また、セミナーにおいては資料をすべてiPadに落とし込み、そのままiPadを配布するだけにしてしまえば資料配布の手間を省きながらもiPadを用いた理解のしやすいセミナー運営を実施することができます。

理由② 経費の削減と環境の保護につながる

 

これまで紙媒体で利用していた資料やパンフレットをすべてiPadにデータとして落としこむことができればペーパーレスへつながります。
大量の紙を消費する企業活動は環境に対しても優しいとは言い難いでしょう。
紙一枚、資料一部だけであれば経費的にも環境的にもさほど大きな問題にはなりません。
しかし、毎回膨大な数の資料を用意するとなれば話は別です。
展示会やセミナーの度に発生する経費に頭を悩ませているのであれば、ぜひ一度iPadを使った運営をしてみることをおすすめします。
経費の削減とともに環境の保護に資することができるとあれば、企業としてこれほど魅力的な話もないのではないでしょうか。

理由③ アンケートの収集と集計が簡単になる

iPad (第 5 世代) Cellularモデル (4G・LTE対応SIMカード付属)

展示会やセミナーに参加されたお客様からのアンケートによる名前の声を得ようとしても、アンケートは必ずしも全員から回収できるわけではありません。
仮に充分な数のアンケートを回収できたとしても、今度はその集計という作業が発生します。
その点、iPadなら簡単にアンケートを回収することができ、その後の集計も自動で行わせることも可能です。
iPadのカタログで成約を取り、そのままアンケートを取るといった流れや、iPad内の資料でセミナーを進め、最後にアンケートを取るといった方法もできます。
アンケートの収集から集計まで、一連の流れを一挙に引き受けることができるのはiPadならではです。

理由④ お客様へプラスのイメージを与えることができる

iPadを使えばセミナーも展示会も大成功

未だに紙媒体をメインに進める企業が多い中、デジタル化によってスマートな運営している企業があると、参加者であるお客様にプラスとなるイメージを与えることができます。
他社との比較となったとき、iPadを用いた先進的な運営をしていたことが印象に残り、その点が最終的な決め手となることもあるかもしれません。
なお、iPadだけでなくモバイルWiFiルーターなどを組み合わせることでよりスマートな進行が可能となります。

iPadは買わずにレンタルする時代です

セミナーや展示会においてiPadを使いたいとは思うものの、そんなに高い頻度で開催するものではないため購入に踏み切れないこともあるでしょう。
そういった場合はiPadをレンタルしてみましょう。
レンタルであればセミナーや展示会を開催する数日だけの利用というのも可能です。
そうすることで、購入に比べ安価に無駄なく利用することができます。
また、仮にiPadを購入したとしても、あまり使用頻度が高くないような会社さんでは、久々に起動したら本体に不具合の生じていることがあります。
その点、レンタルであれば常にメンテナンスがなされている状態なので、いざ使用する際に不具合などにより使用できないという問題はほとんどありません。
整備の行き届いたiPadをお得に利用するならレンタルがお勧めです。

iPadのレンタルならレンタルマーケットへ

iPadをレンタルするポイント

レンタルマーケットでは、単体でデータ通信のできるiPadやWiFi環境下でのみ通信のできるiPadの二種類を用意しています。
もちろん、100台単位の発注にも対応しており、急に大量のiPadが必要になったときでも安心です。
さらに、レンタルマーケットならモバイルWiFiルーターやプロジェクターなどセミナーなどにおいて必要な備品をまとめてレンタルすることも可能です。
iPadのレンタルならレンタルマーケットへご相談ください。
なお、お見積りやご相談は無料となっています。

【働き方改革の第一歩はレンタルから】パソコンやタブレットをレンタルして働き方改革を実現!

政府主導で行われている働き方改革。
残業規制や多様な働き方など、企業にはこれまでとは異なる労働環境の求められる時代となってきました。
パソコンや周辺機器をレンタルして働き方改革を実現してみましょう。

ノートパソコンをレンタルして働き方改革

                    

働き方改革を実現するためにも、まずは社内のパソコンの状況を確認してみましょう。
業務内容に見合ったパソコンの支給がなされているか、社員全員に行き渡っているかなどが具体的な検討事項になります。
働き方改革の実現には、業務内容やフローの見直しだけでなく業務に使用するパソコンの見直しも重要です。
とはいえ、パソコンの購入や買い替えは会社にとって大きな負担となります。
そこで、必要となるノートパソコンをレンタルによって揃えてみましょう。
ノートパソコンはレンタルすることで、購入にするよりもずっと低いコストで導入することができます。
当社ではオプションでキッティング作業も承っているため、導入に手間をかけることがありません。
また、当社では用途に応じて多数のノートパソコンを取り扱っております。
レンタルするノートパソコンに迷うのであれば、ぜひ一度ご相談ください。


デスクトップパソコンをレンタルして働き方改革

ノートパソコンと同様、デスクトップパソコンをレンタルすることでも働き方改革を実現することができます。
一般的にデスクトップパソコンの方がノートパソコンに比べて大きな画面での作業や高いスペックを活かした作業に向いています。
ノートパソコンとの比較で迷うことがあれば、一度当社までご相談ください。


Wifiルーターをレンタルして働き方改革

働き方改革にあたっては時間の有効利用がカギになります。
Wifiルーターをレンタルすれば、どこへいても常にネットへ接続でき、メールの返信や資料作成など少し手間のかかる作業を移動時間に行うことができます。
移動時間中の細切れな時間でも、積み重なればそれが大きな差へとつながります。
Wifiルーターのレンタルはそんな細切れの時間を有効活用するために必要なことの一つです。
当社のレンタル用Wifiルーターはデータの通信量に応じて7GBと50GBの二種類を用意しています。
その他にも海外用やMVNOルーターなど用途に応じて豊富に取り揃えております。
どのタイプにするか迷われるのであれば、使用用途など含めて当社にご相談ください。


タブレットやiPadをレンタルして働き方改革

タブレットやiPadは小型で携帯しやすく持ち運びに適しています。
それを活かし、タブレットやiPadをレンタルして出張中などに携帯して業務をするという方法があります。
前述のWifiルーターと一緒にレンタルすることで、出先でもインターネット環境にて作業することができます。
当社で取り扱うレンタル用のタブレットやiPadの中にはLTE通信に対応しているものもあり、Wifiルーターを介せずとも通信することのできるタイプもあります。
ノートパソコンよりも小回りが利き、スマートフォンよりも仕事の遂行能力のあるのがタブレットやiPadの特徴です。
働き方改革にあたってぜひご検討ください。

 

 

スマートフォンのレンタルで働き方改革

社用の携帯電話を支給していなかったり、社用携帯電話がいわゆるガラケーなのであれば、レンタルしてスマートフォンに変えてみましょう。
スマートフォンであれば、地図アプリなどを利用して迷わず目的地へたどり着けますし帰路も最短経路を選択することができます。
メールの送受信や出先でのちょっとした調べものもお手の物。
パソコンやタブレット以上の小回りと扱いやすさが魅力のスマートフォン。
当社ではSIMフリーのiPhoneをメインに取り扱っていますが、ご要望に応じてSIMのご用意や他の機種のご用意も可能です。
その他詳細やご要望についてはお気軽にご相談ください。

 

レンタルパソコンで働き方改革するならレンタルマーケットへ

働き方改革に対応するにはまずは取り巻く環境作りから始めなければなりません。
レンタルマーケットではパソコンやタブレットのレンタルについて無料の相談を受け付けております。
レンタルパソコンやタブレットなどを利用し、働き方改革の実現に役立ててください。

 

 

【タブレット/iPadを会社でレンタル】社内業務の効率化と経費削減はレンタルで解決!


近年タブレットやiPad端末をレンタルして導入する会社様が増えています。
なぜ、そのような企業が増えてきているのでしょうか。
今回はタブレットやiPadをレンタルして導入する魅力について迫ります。

レンタルタブレット/iPadの導入をおすすめする理由

「ノートパソコンさえあればタブレットやiPadなんて…」と思われるかもしれませんが、実はタブレットやiPadには特徴があり、それが他の端末にはない魅力となるのです。
 

経費の削減となる

社内の資料やメモ、未だに紙で作成していませんか?
紙での資料作成やメモでは、用紙やインク代をはじめとする諸経費が発生します。
しかし、タブレット端末やiPadをレンタルし、社員一人につき一台支給することでそのような諸経費が大幅に削減されます。
レンタルであれば、ネックとなりやすい初期費用も抑えつつ経費の削減を図ることができます。

営業力を上げることができる

タブレット端末は動画を再生したり、その場で調べたこと、あらかじめ用意しておいた資料を状況に応じて柔軟に切り替えて表示させることができます。
ノートパソコンでも似たようなことができるのですが、タブレットやiPadを利用することで受け手に与える印象、特にスマートさをより感じさせることができるのです。
状況に応じて従来の口頭や紙ベースといった営業手法と組み合わせて営業することで、タブレット端末やiPadは絶大な伝達力を発揮します。
同じ内容でもプレゼン方法一つで結果が左右されることも少なくありません。

業務が効率的になる

会議資料や顧客データなど社内で何らかの情報を共有するとき、紙ベースで一人ひとりに配布するなど手間が発生します。
また、会社によっては半日がかりで過去の資料を発掘したり、膨大な資料の保管場所に頭を悩ませていることもあるでしょう。
しかし、資料を極力電子化し、タブレットやIpadでの共有や閲覧を可能とすることで、上記のような問題は一気に解決し、業務効率が大幅に改善されます。
情報や資料の共有を容易にし、かつ、スムーズにアクセスできるようにすることが業務の効率化に向けた第一歩です。

レンタルするのにおすすめのタブレットやIpadは?

当社では複数のタブレットやiPadを取り扱っています。
そこでいくつかレンタルにおすすめのタブレットやiPadをピックアップします。

高機能ながらコスパは圧倒的 TEKWIND CLiDE(クライド) A10A

10.1インチと大きめの画面ながら重さは約590グラムと非常に軽量なこの機種。
しかし、侮ることなかれ。
液晶に高解像度IPS液晶を採用していながら、バッテリーは驚異の最大10時間駆動(アイドル時)を誇る驚異のパフォーマンスを持っています。
軽量ながら高い液晶の性能とバッテリーを活かし、営業やプレゼンの場で絶大なパワーを発揮してくれることでしょう。
 

社内利用ならこれでお任せ Google Nexus 7 SIMフリー (Wi-Fiモデル)

外出で持ち歩いたり営業に使うことはないけれど、一般社員に広くタブレットを支給したい。
そんなときにはこちらの端末がおすすめです。
画面サイズは7インチと使いやすいサイズであり、かつ、大きさも114×8.65×200 mm(幅×高×奥)と非常に利便性の高い端末です。
容量は32Gあり、多少ファイルを保存しても問題はありません。
レンタル価格も安価であり、最初の導入に利用する機種としてよいのではないでしょうか。
 

外出先からのシステムアクセスやメールも楽々 Google Nexus 7 (3G・LTE対応/SIMカード付属)

外出が多く、移動時間にメール返信や社内システムでの申請などを済ましておきたい!
そんな場合はこちらの機種がおすすめです。
こちらは先ほどご紹介したモデルのLTE通信対応版であり、LTE通信が可能なSIMが付属しています。
通信量は標準で2GBとなっていますが、メールや社内システムへのアクセス程度であれば充分な通信量でしょう。
Wifiにも対応しているため、当社レンタルWi-Fiと併用して利用されるとより活躍の場が広がります。
 

使い慣れた感覚でタブレットを ICONIA TAB 8 W (W1-810-F11N)

「タブレットをレンタルするのは便利そうだけど社員の抵抗が…」
そんな会社様でも安心してご利用いただける機種がこちらです。
こちらはOSにwindows8.1を搭載しており、普段お使いのWindowsのパソコンと同じ感覚でお使いいただけるのです。
メモリ1Gで容量も32GBと事務作業もこなすことができます。
画面サイズは8インチであり、まさに普段お使いのパソコンをそのまま小さくして直感でタッチ操作できるように改良したイメージです。
タブレットに対する抵抗を取り払うための第一歩として導入するのもよいかもしれません。
 

iPad Air 2 Wi-Fiモデル

こちらはiPadになります。
普段使いの端末がiPhoneであったりMacである場合、OSが同じであるため他のタブレット端末に比べて直感的に操作しやすいでしょう。
また、windowsのようにWordやExcelも使用することができます。
容量も16GBで画面が9.7インチ、重さも444グラムと大変扱いやすいスペックになってます。
社内にiPhoneやMacに使い慣れた人間が多いのであればiPadもおすすめです。
また、出先での使用頻度が高いのであれば、LTE通信可能なこちらのモデルもご用意しております。
 

タブレット、iPadをレンタルして社内の業務改善に取り組みましょう

タブレットやiPadをレンタルして利用することで、社内の業務効率は一気に改善されます。
タブレットやiPadのレンタルについてのご相談はレンタルマーケットまでご連絡ください。


ipadレンタルを依頼するとipadを試せる

■iphoneを持つ人もipadを所有している

新時代の携帯電話であるiphoneが登場してから、
人類の生活は劇的に変化したと言われています。
あらゆる場所からパソコンを操作出来るようになった様なものなので、
iphoneが高い評価を受けるのは無理もありません。
しかし小型の端末では達成出来ない需要も存在しています。
それは操作性がデスクトップパソコンよりも劣る事です。
小型の端末という制約があるため画面も小さくなります。
目が悪い人にとって操作し難い事は確かです。
だからiphoneを購入した人がipadも所有する事例が増えています。
ipadはiphoneを大型化した様な端末なので、
視力に問題のある人でも利用し易いのです。
iphoneの操作方法と似ているipadですが、
全く別種の製品だと評している有識者もいます。

 

■レンタルサービスの利点

ipadが必要な時に多用されるのはipadレンタルです。
購入サービスを用いると長期的な利用を強いられる事になります。
契約期間中に解約すると違約金という形でペナルティを課せられるからです。
初めて利用する人にとってペナルティの存在は不安要素だと言えます。
だからipadレンタルで使用性を確かめるべきなのです。
ipadレンタルで実機を入手すれば、
本当に欲しくなるまで購入を保留する事が出来ます。
購入までのモラトリアム期間を得られるため、
ipadレンタルが失敗のリスクを軽減する上で役立つのは間違いありません。
それ故に購入とレンタルのサービスが使い分けられています。
短期的にはipadレンタルが有効で、
長期的には購入サービスの方が優れているのです。

 

■上級者もレンタルサービスを頼る

前述した購入とレンタルの特性を活かしているのは、
ipadを初めて利用する人種だけではありません。
ipadの新製品は定期的に発売されており、
使用性を確かめられる事をファンは楽しみにしています。
ipadが好きな人は注目の新製品の登場を楽しみにしていますが、
気軽に機種変更出来るとは限りません。
購入サービスを利用した時に生じる契約が阻害要因になるからです。
ipadレンタル業者に頼れば契約の適用範囲外になります。
つまり気になる機種が登場する度に試運転を行えるという事です。
自由度が高い事こそがipadレンタルにおける最大の魅力だと評価する人もいます。
人によって最大のメリットの認識が異なるのは、
ipadレンタルを頼む事で様々な利益を得られるためです。
その事実からも有益なサービスである事は垣間見えます。
ipadの上級者や初級者という枠組みは、
複数のメリットを持つipadレンタルでは無関係だという事です。

人気製品のipadレンタルが行える

■世間を賑わす存在となったipad

世界中には様々な製品が開発されています。
それらは生活を便利にする効能を持つため支持されているのです。
その中でも生活必需品に該当する物は多くのファンを抱えています。
ライフスタイルを確立する上で無くてはならない存在になれば人気を集めるのは当然です。
最近ではアップル社のipadが生活必需品になったと評価されています。
ipadは従来型の携帯電話の機能に加えて、
役立つソフトウェアをインストール出来る製品です。
まるで携帯可能なパソコンの様だと形容されています。
アップル社は携帯式の音楽プレーヤーで一躍有名になった会社です。
つまり携帯式デバイスに関しては他のメーカーよりも一歩先を進んでいます。
現代のipad人気は至極順当な結果です。

 

■レンタルした方が良い事もある

有用な存在だと一般大衆から認められたipadですが、
購入サービスに制約が多い事でも知られています。
継続的に課金させる事で顧客から収益を得ているからです。
何度も機種を変更していたらメーカーの収入は安定しません。
だから直ぐに別機種を変更した場合には、
違約金のペナルティを課せられるのです。
そのためipadレンタルを依頼するユーザーも存在しています。
ipadレンタルで製品を導入すれば、
機種に気に入らない点があっても直ぐに変更可能です。
ipadレンタル業者がメーカーと契約している格好なので、
変更によってユーザーが不利益を被る事は一切ありません。
フットワークの軽さを実現出来る事が、
ipadレンタルサービスの強みだと言われています。

 

■限られたタイミングにだけ利用されるレンタルサービス

 

ipadレンタルサービスの主な利用者は、
限られたタイミングだけ大型の携帯デバイスを必要とする人種です。
例えばスポーツ観戦を趣味にしている人は、
イベント開催日が近づくとipadレンタル業者へ行きます。
そして業者に依頼して希望のipadを借り受けるのです。
小型の携帯式デバイスで撮影するケースと違い、
ipadレンタルを用いれば現地で映像の確認を行えます。
大型のディスプレイで常に映像確認しながら撮影すると、
記録に対する不満を解消し易いというメリットがあるのです。
授業を受ける生徒がipadレンタルをする事もあります。
学校のカリキュラムの中にipadの操作訓練が含まれる事があるからです。
教材として購入すると高額な料金を請求されるので、
経済的に問題を抱える人はレンタルサービスで乗り切っています。
以上の様に限られた期間だけ使うのであれば、
レンタルサービスに頼る方がお得だと言えます。
上手にサービスを使い分けるコツは利用期間に気を巡らせる事です。
そうすればipadレンタルサービスを有効活用出来るのは間違いありません。