新規事業を計画している企業がPCレンタルサービスを利用した際の費用はどれくらいかかる?

PCレンタルサービスを利用する最大のメリットは費用を抑えられるという点ですが具体的にどれくらいの金額でサービスを利用できるのかというのを検証するために、

スタートしたてのスタートアップ企業(マーケター、エンジニア、デザイナー3名)が1ヶ月集中してサービスリリースから初動を見るまでという仮の設定をもとに計算してみたいと思います。

 

■マーケター、エンジニア、デザイナー3人分の費用を計算

まずこれがなければ仕事になりません。できることなら3人とも高性能のPCを用意したいところですが、立ち上げばかりでリリースの結果次第では撤退の可能性もあるため費用は極力おさえなければいけません。

 

マーケター用のPCはWindowsのCore i7モデルにするとして、このモデルであれば長期のレンタルの方がお得なので24ヶ月4,500円のプランにします。

プラスしてMicrosoft Officeのソフトウェアも一緒にレンタルします。こちらの料金は月額2,500円です。

 

長期パソコンレンタル:

https://www.rentalmarket-houjin.jp/user_data/pc_rental.php

 

 

次はエンジニアとデザイナーです。作業効率を高めてストレスを少なくするためにもある程度性能のよいPCを用意した方がいいと思われるため、MacBook Pro Retina 1ヶ月:25,000のプランにします。これが2台で50,000円です。

あとは実機検証用にスマートフォンとタブレット端末をレンタルすると

 

スマートフォン:

アンドロイド端末のGalaxy S Ⅲ SC-06Dを一台

1ヶ月:9,500円

 

タブレット:

I pad 4 16GB Wifiモデルを一台

1ヶ月:8,000円

 

GALAXY Tab 10.1 SC-01D  wifiモデルを一台

1ヶ月:4,500円

 

合計で2,2000円となります。

 

MAC レンタル商品一覧

https://www.rentalmarket-houjin.jp/user_data/mac.php

 

タブレット端末商品一覧

https://www.rentalmarket-houjin.jp/user_data/tablet.php

 

 

■3人分の合計金額は

 

3人分のPC代金、ソフトウェア代金、実機検証機すべての合計を計算するとかかる費用は79,000円になります。

MacのノートPC1台を購入すると10万円はかかりますから、79,000円で作業に必要な機械がすべて揃うとなると、ハード端末に限った最低限の計算ではありますがかなりお得になります。

 

 

そしてもちろんこちらは仮の見積もりでお客様のニーズや要望に応じて「レンタルマーケット」では柔軟に対応が可能です。

まずはご相談したいというお客様もお気軽にご連絡ください。