パソコンはレンタルと購入、どちらがお得か。

ノートPCやパソコンをレンタルして使用する場合と購入する場合とでは、それぞれにメリットとデメリットがあり導入を考えている方の状況によってどちらがいい選択になるかは変わってきます。

そこで今回は改めてそれぞれの長所/短所を具体的な金額なども踏まえながら整理してみたいと思います。

 

■パソコンやノートPCを購入するメリットとデメリット

まずいわずもがな購入すれば自分の所有物になるため、期限を気にすることなく自由に使用することができるため精神的に自由です。また機種を選ぶ際に制限なく自分の資金内で自由に機種を選ぶことができます。

逆にデメリットは初期費用の値段がリースやレンタルなどに比べて高く、万が一実際に購入したのはいいものの、思ったよりもパフォーマンスがよくない場合などに大きな痛手となってしまいます。

 

発生する費用ですが、仮にMacBook Airの11インチを購入するとした場合、初期費用として約10万円かかります。

 

 

■パソコンやノートPCをレンタルするメリットとデメリット

反対にパソコンをレンタルで利用する場合は、購入と比べて初期費用を抑えられることが最大のメリットになります。そのため実際に購入する前のお試しや短期間の期間限定での使用などには一番向いている形態になります。

反対に、自分のモノとして長期間しようすることができなく使い勝手に慣れてきたと思ったタイミングで手放したりしなければならなく、精神的に不自由に感じるのがデメリットになったりします。

加えてレンタルの場合は基本的にはお店で用意している在庫の中からのレンタルになるため機種が制限されたりする場合もあります。

 

発生する費用ですが、「レンタルマーケット」でMacBook Airの11インチをレンタルした場合、初期費用として3日間:5500円(1ヶ月:12,000円)かかります。

 

 

■使用する期間を一つの大きな判断材料にしましょう

短期間か長期間かという使用期間を大きな判断材料にしましょう。初期費用の短期間だけでみればPCやノートパソコンのレンタルは購入するのに比べて約20倍お得ですが、仮に1年レンタルで使用すれば基本的には1,2000円✖️12ヶ月=14,4000円費用が発生し実際に購入するよりも約4万円ほど多く費用が発生してしまいます。通常、大きな事故がなければ3年間は使えることを考えるとかなり大きく損をすることになってしまいます。

 

レンタルするか購入か。どちらかで迷った際は使用予定の期間を軸に選択をしましょう。

ちなみに「レンタルマーケット」では長期のパソコンでもお得になるようご相談可能です。無料で相談可能なので悩んでいる方など一度ご相談ください。

 

https://www.rentalmarket-houjin.jp/user_data/reason.php