パソコンはレンタルとリースどちらがオススメか

■レンタルとリースについて

レンタルとリース、どちらも「賃貸」という意味は同じですが2つの仕組みは実は異なることをご存知でしょうか。レンタルとリース、今回はそれぞれの違いについて説明したいと思います。

 

■それぞれの違いについて

まず契約期間が異なります。レンタルは借りる側が自由に期間を設定できるのに対してリースは契約期間があらかじめ長期で設定されており途中で契約を解除することは不可能です。

もしもどうしても途中で契約を解除したいとなった場合は契約の残りの金額を支払わなければいけません。またもしも故障してしまった場合の修理などは、レンタルの場合はレンタル会社が担当するのに対してリースの場合はお客様自身が担当する形になります。

また会計処理の方法についても2つは異なり、レンタルが経費処理なのに対してリースは資産計上(条件によっては経費処理も可能)になります。たくさんの利益が出ていたり見込める場合は経費として計上できる方がその年に払う税金が安くなります。

一方レンタルは基本的にはレンタル会社が所持している在庫の中から商品を選んで借りるのに対して、リースは自分で0から借りるモノを選ぶことができるといったメリットもあります。

 

■どんな場合にリースがおすすめか

結論から言うとリースの一番のメリットは初期投資が少なく抑えられるという点です。事業を行っているが当面の資金繰りが難しく設備投資に資金をかけられない場合などには非常に有効な方法になります。(ただし初期費用が抑えられる分、結果的に支払い総額は多くなるので注意。)簡単に言うと実質的には借入れで固定資産を使用する「権利」を購入するのがリースという形態になります。なので期間だけでみればレンタルは短期の方向けなのに対してリースは必然的に長期での契約が前提になるのです。

 

■PCの場合はレンタルとリース、どちらがおすすめなのか

上の内容を踏まえ、レンタルかリースどちらにしようか悩んでいて期間も短期で資金繰りにそこまで苦労してない場合は、パソコンはレンタルで利用する方がオススメです。プラスこちらのレンタルマーケットでは6ヶ月以上の長期レンタルでもお得になる柔軟なプランを用意しているため、長期・短期どちらの場合でもメリットがあるように提案をすることが可能です。

 

長期パソコンレンタルについて

 

2017年 謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

本日1月5日より平常営業いたします。
 

アップル新製品発表予告

アップルが3/21に新製品の発表会を開く予定であることがわかりました。

これまでの報道によるとiPhoe6sを小型化したiPhoeSEおよび新型iPad

が発表される見込みです。th

 

弊社では現在、iPad2,3,4,Air2,iPhone5,iPhone6を多数取り扱っております。

その他の新しい製品もご要望があればできる限り対応させていただきますのでお気軽にご連絡ください。

レンタルマーケットを利用する際の送料やサポート、安心保証に関して

モバイルwifiルーターのレンタルを考えている方にむけて、弊社レンタルマーケットを利用する場合のサポートや送料の問題などの製品以外の詳細について説明したいと思います。どの会社に依頼しようか悩んでいる方はレンタルにかかる費用の他にも、判断材料のひとつとして参考にしてみてください。

 

万が一の場合に備えた安心保償プラン

いざレンタルサービスを利用しようと考えた際に不安になるひとつとして万が一故障してしまった時のことがあるかと思います。お得な値段で製品を利用したいと思ってレンタルサービスを選択したのに、レンタルした製品が故障してしまってよけいに料金がかかってしまったら意味がないと考えるのは当然のことです。そんな不安を解消できるように弊社レンタルマーケットでは安心保償のプランを用意しています。レンタル料金の20パーセントの金額を追加でお支払い頂くだけで保償サービスを利用していただけて、こちらに加入していただくだけで故障時のお客様の負担額は0円になります。(ただし盗難、紛失等、本体のないものに関しては対象外ですのでご了承ください。)

 

送料や配送までにかかる時間

北海道から沖縄まで全国どこにお住まいの方でもサービスの利用が可能で、離島・一部の地域を除いては当日16時までに注文をいただければ最短翌日中の納品が可能で、どんなに遅い場合でも48時間以内の到着が可能です。料金に関しては目安としてモバイルwifiルーター5台までの場合は、北東方~東海地方まで1400円からの価格設定になっています。一番遠い地域でも2400円以内での料金設定になっています。

 

新品同様の製品を利用できる

レンタルだからといって汚れがついていたり挙動がおかしい製品をお届けすることがないよう動作確認とメンテナンスには万全を期しております。お客さまに気持ち良く使っていただけるよう徹底したクリーニング作業により、常に清潔、きれいな状態でお届けします。

 

お客さまのプランに合わせた柔軟な提案が可能

webサイトに掲載している以外の製品や値段設定などお客様の利用プランに応じて柔軟に調整が可能です。疑問点や不明点などがある場合はご相談からでもかまいませんのでお気軽にレンタルマーケットへお問い合わせください。

 

どの業者さんに依頼してwifiルーターをレンタルしようか悩んでいる方はこれらの要素も参考にしてみてください。ここに掲載されていない不明点などもお気軽にお問い合わせください。

一時的な帰国や帰省時にもwifiのレンタルは便利です。

出張時や引っ越しまでの繋ぎとしての利用などにも便利なwfiのレンタルサービスですが国外で生活していて一時的に日本へ帰国する場合などにもwifiのレンタルサービスは便利なサービスとなっています。

 

基本海外にいてほどんど日本にいない場合に、日本に帰った時だけのために継続でwifiの契約をしてしまうのはさすがに費用がもったいないです。そういった場合に短期間だけつかって返却できるwifiレンタルのサービスはとても便利です。弊社レンタルマーケットの場合は、最安のプランで3日間:1,200円、1ヶ月:6,000円で利用することができます。

 

またお正月やお盆など一時的な短期の帰省時の時も同様です。その時だけモバイルwifiルーターを持っていれば場所を選ばずに快適にインターネットを利用することができます。

 

 

参考として弊社モバイルマーケットの最安プランとWiMAXの機種のスペックを紹介します。

 

docomo回線 モバイルルーター レンタル【通信料無制限】

3日間: 1,200円、1ヶ月間:6,000円で利用できる最安プランの機種です。

 

機種: NI-760S

対応OS: WiFi時OS制限なし

LTE通信速度: 受信時最大:75Mbps / 送信時最大:25Mbps

3G通信速度: 受信時最大:14Mbps / 送信時最大:5.7Mbps

サイズ: 高さ 約97.4mm × 幅 約57.1mm × 厚さ 約15.7mm

連続通信時間: LTE : 約5時間 / 3G : 約6.5時間

接続可能台数: 10台

 

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2 + HWD15

 

3日間: 3,000円、1ヶ月間:8,000円で利用できるプランのWiMAXの機種になります。

 

機種: HWD15

対応OS: WiFi時OS制限なし

通信速度(受信): WiMAX 2+対応エリア:最大110Mbps、WiMAX対応エリア:最大40Mbps、4G LTEエリア:最大75Mbps

通信速度(送信): WiMAX 2+対応エリア:最大10Mbps、WiMAX対応エリア:最大15.4Mbps、4G LTEエリア:最大25Mbps

インターフェース: Micro USB 2.0 High Speed、microSDメモリカード、microSDHCメモリカード対応

サイズ: 約64×104×14.9mm

連続通信時間: WiMAX 2+接続時:約10時間50分、WiMAX接続時:約9時間40分、4G LTE接続時:約10時間

接続可能台数: 10台

 

もちろんこちらで紹介した機種以外のwifiルーターや他にもデスクトップのPCやノートパソコンもあわせてレンタルが可能です。お客様のプランによって柔軟に対応することが可能になっております。

 

WEBからのご注文も可能になっておりますのでお客さまが海外から帰国したと同時に時間指定で製品をお届けすることも可能です。当日16時までのご注文であれば翌日中に配送可能でどんなに遅い場合でも48時間以内に配送が可能ですので利用する場合は海外からWEBでご注文いただければスムーズとなります。

引っ越し時にwifiルーターのレンタルサービスを利用するのはいかがですか?

wifiルーターをレンタルする最大のメリットはやはりお得な価格でwifiを利用できることです。購入となればそれなりの値段がかかってしまいますがレンタルであれば弊社レンタルマーケットのものであれば1日あたりの値段400円から利用することが可能です。ただし反面デメリットもあり、購入すれば寿命や故障しないかぎり永久的に自分のモノとして使用できますが、レンタルの場合そういうわけにはいきません。利用できる期間があらかじめ決まっていてそこがwifiルーターをレンタルするデメリットになるわけですが、逆にそこを逆手にとって短期間の間だけ限定で使いたい場合にはぴったりのサービスともいえるわけです。

 

例えば引っ越ししたてでインターネットが一時的に使えない時など

新しい住居に引っ越ししたての時は回線が開通してインターネットが使えるようになるまで少しのあいだ時間がかかりますが、その開通までの間wifiルーターをレンタルしてインターネットをするという使い方も可能です。スマートフォンの普及にともなってインターネットを使用しない日はほぼない生活になりましたがスマートフォンだけでは画面も小さいですし、接続制限などの問題もありなにひとつ不自由なく使うということは難しいです。そんな時にwifiルーターがあれば不自由なくパソコンをつかってインターネットを利用することが可能になります。2週間から1ヶ月の間、開通するまで我慢するのはやはり今の時代、現実的ではないように思います。

 

具体的にどれくらい値段がかかるのか

利用したいが具体的にどれくらい料金が発生するのか。すこしでも興味を持った方が次に考えるのはこの値段のことだと思います。弊社レンタルマーケットの場合は最安の価格で1ヶ月あたり6,000円からレンタルサービスを利用することが可能になります。通常インターネットを利用した場合にかかる1ヶ月あたりの料金とほぼ変わらない料金で自宅のインターネット回線が開通するまでの間、利用することが可能になります。

 

レンタルサービスは使用できる期間が決まっているというデメリットもありますが、こういった引っ越し時の開通までの一時的な繋ぎとして利用できるなどのメリットがあります。引っ越しに限らず短期間の間だけwifiルーターをレンタルしたいと考えている方など、ご相談からでもかまいませんので弊社レンタルマーケットに問い合わせをしてみてください。

モバイルwifiルーターがあればどんな場所でも企業セミナーや講習会が可能です

モバイルwifiルーターをレンタルで利用するメリットはたくさんありますが、スタートして間もない企業などがコストは必要最低限おさえたい時などにもお役に立てる可能性があります。例えば企業セミナーの講習会の開催などをモバイルwifiルーターが一台あればインターネットがつながっていない場所でもイベントの開催が可能になるため選べる場所の選択肢が広がることになります。

 

企業セミナーや講習会で場所をレンタルする場合にかかる費用は?

通常東京都内で企業開催のイベントなどに対応したレンタルスペースを借りる場合、1日借りると仮定してインターネットなどが問題なく使えるなど設備がしっかりした場所を借りる場合は最低でも10万円~20万の費用が発生します。もちろん、開催するイベントの目的に応じて高級感がありしっかりとした場所で開催することに意味がある場合は話は別ですが、そこまでかっちりとした感じを求めていない場合はもっと格安の値段でイベントを開催することも可能です。

 

東京都内でも1時間あたり490円で小会議室をレンタルすることもできる

先ほどの例としてあげた格式高い高層ビルでのセミナーの開催と比較すると10時間イベントを実施したとしても10万円に対してたったの4900円という破格の値段でホワイトボード付きの少会議室をレンタルすることが可能になります。決してボロいビルというわけではなく見た目も普通で問題ない施設です。

 

▼SPACE MARKET (場所のレンタルサービス)

https://spacemarket.com/

 

デメリットの補強としてモバイルwifiルーターのレンタルサービスを利用する

ただし上で紹介したような場所にはデメリットもあります。wifiはついていてインターネットができる場合でも無料のwifiスポットを利用していたりする場合にはセキュリティーなどの面が不安要素になります。しかしモバイルwifiルーターをレンタルで利用すればセキュリティーの面もクリアーできますし、同時接続も最低で10台から可能になりますので小規模なイベントであれば十分対応が可能です。モバイルwifiを3日間レンタルした場合の費用は最安で1,200円しかかかりません。

 

ちなみに今回はスタートしたてで予算が豊富ではない企業への提案のひとつとして具体例をあげましたが、企業イベントの他にもキッチンが完備された場所でのお料理教室や、学生のWEB関連の技術の勉強合宿など、こういった組み合わせは様々なイベントでも有効になるかと思います。かかる費用を抑えつつイベント自体を快適にするひとつの方法として参考にしてみてください。

 

 

会社でパソコンをレンタルする事によって、どのようなメリットがあるか

会社でパソコンをレンタルする事によって、どのようなメリットがあるかと言う事を詳しくは知らないと言う場合もあると思います。
そこで、今回は会社でレンタルPCを使用するメリットに関して解説をして行きます。

レンタルをする事によってパソコンの試用が出来たりする
個人ではなく、会社で新しくパソコンを導入しようとされている場合は、その数が多かったりする場合があります。
大量のパソコンを購入するという場合は、それだけ料金が高くなってしまうと言う事でもあり、
実際に使用をしてみたらパソコンの性能が業務に合っていなかったという事態は避けたい所だと思います。
そこで、導入をしたいパソコン等を一定期間レンタルしてみると言う手段もあったりします。
レンタルをする期間は、導入を検討しているパソコンが業務に合うかどうかの検証期間とするのです。
この期間中にそのパソコンが業務に合っていないと言う事になれば、別の製品を検討すればいいと言う訳です。
しかし、社内等に大量のパソコンを設置すると言うのは中々大変だったりすると思います。
レンタルマーケットならば、パソコンの設置等を取り扱っているサービス等も行っていたりします。
地域によってはサービスを行えない場合もありますが、お話を伺わせて頂ければと思います。
レンタル会社によって、こう言ったサービスは異なっているのでパソコンをレンタルする前に確認をしておく事をお勧めします。

急いでパソコンが必要となったと言う場合
例えば、業務中にパソコンが正常に動かなくなってしまい、修理に出すと言う事が必要になったりすると言う場合もあると思います。
そのようなケースでは仕事を進める上で早く新しいパソコンが必要となったりします。
そう言った際には弊社でパソコンをレンタルされるケースでは、最も早い場合で翌日にはレンタルPCが届けられていると言う事もあったりするのです。
地域によっては、時間が掛かってしまう事もあると言う点が注意点となっております。
また、最初に予定していたよりもパソコンの修理に時間が掛かってしまったりすると言う場合もあったりします。
そう言った時にはレンタル期間の延長等を行えたりする場合もある様なので、レンタル会社の方に問い合わせをしてみるといいです。


以上で、ここでの会社でパソコンをレンタルする事によって、どのようなメリットがあるかと言う事に関する解説は終了となります。
現在、社内に新しくパソコンの導入をしようかと考えている方はレンタルもその一つの方法として視野に入れる事をお勧めします。

パソコンの長期レンタルと購入の比較

長い期間パソコンを導入しなければいけなくなったと言う場合には、レンタルをするのか購入をするのかで悩んでいると言う方もいると思います。
そこで、今回はレンタルマーケットで提供をされている長期間レンタルと購入に関して比較をしながら、解説をして行きたいと思います。

パソコンの長期レンタルをする場合
レンタルマーケットで長期レンタルをするという場合には、契約をする時に考えていたよりも早くにレンタルをしたパソコンが必要なくなってしまった際には、
途中で解約を出来たりすると言うのがメリットになっていると思います。
この他にも弊社でパソコンの長期レンタルをされる場合は、色々なサービスを受ける事が出来ると言うのもメリットになったりします。
例えば、パソコンの購入をした場合は故障が起きてしまった時等は、修理をする為の業者の手配等を行う事が必要になったりします。
しかし、弊社でパソコンの長期レンタルをされる際には、パソコンにトラブルが起きた場合は修理等をさせて頂くと言うサービスを提供しております。
レンタルをしたパソコンが故障した場合等に対応してくれたりすると言うのを事前に知っていれば、比較的安心をして使用をしやすいのではないかと思います。
加えて、弊社で長期レンタルをされる時には、レンタルをされるパソコンに関する話を伺わせた上で、そちらのご希望に合った製品の方をご紹介したりします。
パソコンを使用する時になって、想定した製品ではなったと言う事態を回避しやすくなったりすると言うのもメリットだと思います。

パソコンの購入をする場合
さて、パソコンを購入する事のメリットとしては、当たり前の事ですがその製品をずっと手元に置く事が出来ると言う事が挙げられます。
長期レンタルを申し込んだ場合とは、違ってレンタル期間等を気にしないで使用する事が出来ると言うのは長所と言えると思います。
しかし、パソコンの返却をしなくてもいい分、必要がなくなった際には捨てなくてはいけないと言う事になります。
その為の費用が掛かってしまったりするという事は覚えておいた方が良いと言えます。
また、パソコンを購入した場合は設置をするのは自社で行うか、或いはそれを行ってくれるように依頼をしなくては行けなかったりすると言うのが注意点だったりします。

以上がパソコンの長期レンタルと購入の比較に関する解説になります。
パソコンを長い期間使用するのにどちらの方法が良いのかと言う事は、状況によっても異なりますので、よく検討をされる事をお勧めします。

レンタルPCを利用する利点について

パソコンのレンタルを行っている会社は沢山ありますが、今回は弊社であるレンタルマーケットで製品をレンタルすると言う事の利点に関して解説して行きます。

貸し出しを行っているレンタルPCについて
貸し出しを行っているレンタルPCは色々な製品があります。例えば、ノートパソコンでは比較的持ち運び等がしやすいモバイル版の製品があったりします。
出張をする事になった時に、こちらのパソコンを持って行って業務を行うと言うのも向いているように思います。
更に外国語のOSのノートパソコンのレンタルを希望している方は、弊社では韓国語と英語と中国語に対応をしているノートパソコンを取り扱っております。
まだ、社員の方で日本語には慣れていなかったりすると言うと言う場合にも適しているのではと思います。
加えて、仕事でパソコンを使用すると言う事になると、マイクロソフトオフィスのWordやOutlook、ExcelにPowerPointがインストールをされているノートパソコンがあったりします。
また、インストールをされていないレンタルPCの場合でも、別途料金のお支払いを頂ければマイクロソフトオフィスの利用が出来る様になったりする場合もあるようです。
この他にもデスクトップ型のレンタルPCの貸し出しを行っています。こちらはモニターが付いている形の製品と、別途レンタルが必要な物があるので、注意をすることが必要です。
貸し出しを行っているモニターの画面のサイズについては異なっているので、目的に合った物を選ぶと良いです。この様に弊社では色々なレンタルPCを取り扱っていたりします。
もし、ご希望のレンタルPCがネット上の弊社のホームページ等に記載がされていない場合でも対応が出来る場合がありますので、お問い合わせの方をして頂けたらと思います。

レンタルを行っているソフトウェアやその周辺機器について
弊社がレンタルを行っているのは、パソコンだけではなかったりします。
ソフトウェアでしたら、先ほど紹介をしたマイクロソフトオフィスやウィルス対策ソフトのレンタルも行っていたりします。
加えて、レンタルをしたパソコンが盗まれる事を防いだりするセキュリティ用のワイヤーやマウス等の周辺機器のレンタルも行っているので、
パソコンのレンタルをする時には一緒に検討をされると良いです。
他にもプリンターの貸し出しも行っており、希望している製品を別の会社でレンタルしなくても良かったりすると言うのもメリットと言えると思います。

以上がここでのレンタルマーケットで、レンタルPCを利用するメリットになります。
これから弊社でパソコンをレンタルしたいと考えている方の参考になれば、幸いです。